ルール無視?の事情

 民生委員の私の受け持ちに、体がご不自由ながらヘルパーさんの助けを借りて1人暮らしをしている女性(おばあさん)がいらっしゃいます。家の中でも歩行が不自由なので、週2回のゴミだしもヘルパーさんの来られる日に、ゴミ小屋― このあたりでは集積場が金網の小屋になっていて、ゴミを出していい日に鍵を開ける当番が開けるまで捨てないというルールになっているのですが、その人は内緒で合鍵を作り、前の日にヘルパーさんに捨ててもらうことにされています。事情を知る私や数人の人は、前日に一つ小さなゴミが出されていても、その人だからと黙認してきていたのですが・・・
 「ルールなのに、出す日でない日に出している人がいる」
と、目くじら立てて抗議され、町内会の当番の人が困って、「ルールを守って出すように」と回覧を出した、というのです。
 確かに、ルールを守るのも大切、ですが行きずりの人がゴミを入れて困る、とかいう問題とは違い、広い心で見てあげられないものか、と思ったことでした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-07-02 20:48 | 日常 | Comments(0)

<< ご近所で餅まき 明日は友愛セール >>