ご近所で餅まき

昨日だったか、郵便受けに、ご近所の新築工事が始まった所で餅まきをするからどうぞ、というチラシが入れられていました。餅まきは田舎では何度か見たことがありましたが、こちら街に近い住宅地で拝見するのは越してきて30年近くになるけれど初めてのことです。このあたりにもともと古くからあるお宅の建て替えだしこの地元に多い苗字の人なので、伝統行事をされるのでしょう。
 予告の時間は夕方5時。珍しいのでお嫁さんに声を掛けたら、着替えてしまって外へ出たくないという事で、我が家的には私一人見物に。

d0031853_3345320.jpg
おりしもちょうどご近所の保育園のお迎え時刻ということで、お迎えの保護者も大勢来られているみたいでした。施主さんが上からごあいさつの後、段ボールで何箱もの、ポリ袋に入った紅白餅やら袋菓子やらがどんどんまかれ、歓声を上げながら一同拾いに。上手な人は空中でキャッチしたり、紙袋を広げたり、私はエプロンの裾を広げたりして受け止めようとしたり。地面に落ちてもあっと言う間に拾われました。
 時間にして10分くらいのことでしたが、珍しくて結構面白い行事はみんなを楽しませてくれました。私は紅白餅を3袋と、袋菓子を3個ゲット。そのうち2個はエプロンでキャッチ、後は地面に落ちたのをさっと?拾いました。
 わが家が建つときにはしませんでしたが、これは「工事関係でご迷惑をおかけします。新築で住むようになったらどうぞよろしく」という挨拶代りとお披露目なんだな、と、今更ながらに思ったことでした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-07-04 03:39 | 日常 | Comments(2)

Commented by mmkk1114 at 2015-07-05 00:20 x
こんばんは!
棟上げの餠まき…最近は見掛けなくなりました。珍しいですね。
私の父は宮大工の棟梁でしたので、父の餠まきを見たものです。
棟上げの神事終わりぬ梅雨晴れ間
ありがとうございます。
Commented by kurashiki-keiko at 2015-07-05 02:32
MMKK1114様、本当に、翌日は雨でしたので、梅雨の晴れ間のちょうどよい時に餅まきができて施主さんもほっとなさったことでしょう。棟梁もこの時は晴れ舞台ですね。お父様の晴れ姿をご幼少のころには誇らしく思われたことでしょう。

<< 伝統行事?「めでたい」鯛を届けに ルール無視?の事情 >>