お盆のお勤め


d0031853_1646466.jpg
お坊さんがお盆のお勤めに2時半から3時半の間に来られるとのはがきをいただき、先週土曜日に祭壇と掛け軸の準備だけは済ませておきました。うちは檀家のうちでは一番遠い方なので、8月に入るとすぐ来られる順番なのです。当日の1日、あまりに暑いのでお花もお供え物も朝からだと痛んでしまいそう、と、お昼から準備しました。早めにエアコンを入れ、お花を活け、果物を飾り、お膳のごはんをよそい、簡単なお豆腐とカイワレの汁、キュウリの酢の物、冷凍にしておいた金時豆の煮豆、煮物は椎茸、ごぼう、人参、かぼちゃ、いんげんをむしこぶのお出しで煮ました。
 和尚さん、1時間の幅があったのにその3時半を過ぎてもいらっしゃらなくて、10分過ぎくらいに来られました。運転手は奥さん。狭い場所では路上駐車もあるので運転手が必要との事で、車で待っておられる奥さんにも冷たく冷やしたおしぼりと麦茶をお盆でお出ししました。
 なんでも途中の檀家さんで年に1度しか行かないので込み入った相談事があって引けなかったのだそうです。
檀家が600軒だかあり、先代(今回来られたお坊さんの奥さんのお父さん)は78歳にしてはお元気ですが、この暑い時期、近所周りの午前中だけを受け持って回ってもらっていないと、1人では到底回りきれないとのこと。以前はサラリーマンだったと聞く娘婿さんですがお坊さんの後を継いでくれてよかったなと思っておりましたが、いずれ先代が引退することにでもなれば、土日は法事を受けるとして、平日に6月からお盆のために回らないとこなしきれないとの事。
 タフそうなお坊さんですが、休みなしに6月~9月まで、となると大変。お坊さんの世界も跡継ぎ問題が大変とは聞きましたが、こんな風なこともあるのですね。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-08-01 16:52 | 日常 | Comments(1)

Commented by mmkk1114 at 2015-08-01 20:22 x
こんばんは!
600軒を限られた日時で回るとは大変な仕事です。
住職のお経流るる盆供かな
ありがとうございます。

<< ステンシルの会にて いちごアイスクリームを作りました >>