お皿が割れて

d0031853_21504477.jpg


水切りかご一杯に食器を洗いあげたら端っこにあったお皿が調理台の上に落ちて、あっさり割れてしまいました。
思えばこれは嫁入りのとき、地元商店街の瀬戸物屋で買い整えたものでした。その店は同級生の家でもありました。
この深皿には、カレーだの煮物だの夏にはそうめんを入れて随分重宝してきました。今日はスイカを入れて食べたところだったのです。幸せな食卓を飾ってくれました。
あれから何十年、商店街はすっかりさびれ、買った瀬戸物屋さんもなくなってしまいました。よく見ると釉薬には細かいひび割れが走り、これまでの歳月を物語っています。割れては同じような柄の物を求めて買い足しているのですが、当初のより薄く軽くなっていて、こちらは重くぼってりしているのでそれとわかるのでした。
お世話になった深皿、たまたま義理の叔母の訃報を聞き、過ぎた時間の映像が目の前を通り過ぎて行きました。

 追記
この柄のお皿を選んだわけは、オーソドックスで柄が料理の単調さを引き立ててくれそうだったことと、買い足せるという事があったのです。で、このたびためしに通販サイトを見ると、ちゃんとあるではありませんか。
http://item.rakuten.co.jp/utsuwasalan/10006344/
ずっと変わらずにそこにある、というのはなんとありがたい、価値あることかと思いました。
長く続いてほしいもの、と思います。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-08-10 21:50 | 日常 | Comments(4)

Commented by mmkk1114 at 2015-08-10 22:46 x
こんばんは!
思い出の詰まったお皿が割れ、さぞ残念なことでしょう。解ります。

皿割れしほか何もなく秋に入る

皿割れに吉凶を考えてしまいますが、ほかに何事もなくて、結構!
私は昨日包丁で左薬指を切ってしまいました。
「立秋」の俳句を考えながら、カレーのジャガイモのカワムキ中~
ありがとうございます。
Commented by kurashiki-keiko at 2015-08-11 11:21
mmkk1114様、コメントありがとうございます。
思い出の品に事寄せて昔をつい思ってしまいました。食卓に皆が集まるのはやはりいい思い出ですね。
Commented by surgeon24hrs at 2015-08-11 22:21 x
おはようございます。

そのへんが定番商品の強みですね。我が家の配偶者も、普段使いの食器選びのときには、毎回そのような基準で選んでいるようです。

よかったですね。
Commented by kurashiki-keiko at 2015-08-14 06:05
surgeon24hrs様、コメントありがとうございます。
セットの食器が1枚2枚と割れると、みんなで食事するのに困ることがあるのでやっぱり同じ柄を求めたくなりますね。あって良かったです。奥様も同じ考えのようですね。

<< 墓参りと迎え火―お盆の恒例行事です 待つ人がこんなに >>