高知 ひろめ市場へ

8月14日(金)、前日に行けなかった夫の妹婿の墓参りを済ませた後、夫がハンドルを握ると、例によって「〇〇へ行こう」という事で、

d0031853_7105142.jpg
よいお天気の瀬戸大橋は、お盆でも渋滞もなくスイスイと。

d0031853_711657.jpg
ついたところは高知市、大手門の前を左折して・・・
 目指すところは2ブロックも3ブロックも手前から駐車場に入るための渋滞。で・・・
ずっと離れたところの中央公園地下駐車場に止めてからしばらく歩いていきました。

d0031853_7112114.jpg
やれやれ、こちらが最近夫のマイブームとなっている「ひろめ市場」。もとはひろめ様のお屋敷跡だったそうですが、商店街の活性化策の一つとして、にぎやかな市場になったそうです。
 中に中華の「士林」というお店がありましたが、台北の士林みたいな屋台村のような感じです。海産物、食べ物や、得体のしれない?服を売るお店等。
中央に椅子席があって、それらの屋台みたいなお店で買ったものを食べる仕組み。ともかくも座る席を確保してからでないとうっかり買えません。

d0031853_7113267.jpg
到着したのは12時半も過ぎたころで、市場の中はそれこそ満席。しばらく立っていて、偶然に目の前の席が2人分空いたのでそれ、と席を確保。
 この所ひいきに?しているお店の真ん前。こちら「やいろ亭」です。⇒http://www.hirome.co.jp/page/pc/2015/07/22/shop40/
最初に注文したのは夫がカツオハランボ700円、私はウツボの唐揚げ650円、ご飯とみそ汁。感想はハランボというのは刺身などにできないハラミの揚げ物で、ウツボの唐揚げの方がずっとおいしいと思いました。以前来た時に注文して以来気に入っています。追加で青さのり(沖縄ではアーサーと言っていた)の天ぷら500円、それに私的にはあんまりカツオっておいしいと思わないなあ、でもせっかく高知だしなあ・・・と思いつつ「塩タタキ」1,250円を。やっぱり私はカツオのあっさりした感じがもう一つと思ってしまい、青さの天ぷらの方がおいしいと思いました。結果的には、結構高くついたと思います。デザートにスイーツ食堂マンテンノホシのほうじ茶ソフトクリームを。
マンテンノホシ⇒http://www.hirome.co.jp/page/pc/2015/07/22/shop45/
席を立ってもよかったのですが、なるべく子供連れの人が来たら変ってあげようと思って横を通る人を観察していたところ、中学生くらいの女の子とお母さんがやってきたので、終わったから、と立って席をゆずりました。
隣の隣くらいの席の人の話では愛知県からやってきたとの事。また、外国人を案内してくる人もいて、こんな喧騒とごちゃごちゃの中の市場もまた日本イイデスネ、という事になるのかしら、と不思議でした。

前回行ったのは本年4月のことでした。食材に関してはこちらに詳しく写真を載せています。⇒http://kurakeiko.exblog.jp/21703542/
最初に行ったのは2013年7月でした。⇒http://kurakeiko.exblog.jp/19357181/

[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-08-15 07:08 | おでかけ | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< お皿が届いて 墓参りと迎え火―お盆の恒例行事です >>