背伸び

 このところ1才10ヵ月の孫娘がよくこちらの料理に興味を持ってやってきます。
オニイチャンはちょっと遠のいているのですが、妹の方は興味津々、丸椅子にのるのに低い万能台をそばにおいてやると自力で這い上がることができるようになってきました。

d0031853_1764640.jpg
こちらはオニイチャンに丸椅子を取られて、それでも流し台の引き出しの取っ手の所に足をかけて流し台でばちゃばちゃと洗い物をしている(つもり)です。

d0031853_1775875.jpg
なにかお手伝いしてもらえることは、と思いついて、味噌汁に入れるしめじの根っこを切ってから、束をほぐすのをやってもらいました。喜んで結構根気よくやってくれました。

d0031853_179286.jpg
これはすり鉢でごますりをしている所です。さすがに「オバアチャンキレイダネ・・・」とかはまだいう能力がありません。
もちろん形だけで、手を添えて一緒にゴリゴリすると、一生懸命、しているつもりになっています。

d0031853_17103498.jpg
これはわが家と、向う側の息子世帯を仕切っているドア。背伸びするとやっとドアノブに手が届くようになり、自分でドアが開けられるようになって随分成長したような気がします。

 7月末に東京の自由学園明日館で催された「おさなご発見U6ひろば」を見てきて、この子の出来る能力を見つけてじっくり付き合ってやりたいものだと、子育て時代にはそれどころでなかったババは思うのです。

・・・こちらの言うことはほぼ理解していますし、彼女が何を考えているのか「こうしたいの?」と聞いてやると、イエスのばあいはちゃんとうなづくので、意志も伝わるのですけれど、まだ意味ある言葉を発することはありません。おしゃべりし始めたらきっとうるさいくらいにしゃべるんでしょうね。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-09-14 17:14 | しみじみしたこと | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 野菜高騰の折りからの晩ごはん 敬老の日のお祝い品をお配りして >>