お宮参り

 次男の所の赤ん坊がもうすぐ3カ月になるので、連休の中の大安吉日の22日、帯江の観音様へ出かけました。商売気満々のお寺さんであまり好きではないけれどやっぱり赤ん坊の行く末が平安でありますようにと祈る気持ちはいずこも同じ。
 ということで、安産祈願の人やら七五三の家族やらに交じって初参りの家族連れのグループが待合室に集まってから本殿へ。
 2人ほど泣き止まない赤ちゃんがいて、名前と住所をお坊さんが読み上げる声もよく聞こえないほどでした。大太鼓がどんどんと打ち鳴らされると、泣いていた1人が驚いたのかだんだんに静まったのはおもしろかったです。うちの赤ん坊は幸いにもおっぱいの具合がよかったのか、終始静かにしていて助かりました。
 終わってから、お寺さんが参詣記念というバックボード?を3か所に作っている前で皆さんと同じに記念撮影。息子が高価なデジカメ持参だったので、そこはいいのが撮れるかと思いきや、お宮参り衣装のケープのようなのを私は孫をだっこして着せてもらう役だったのですが着せる方も慣れていないのですったもんだ。なんとか記念撮影もでき、やれやれでした。
 ころころとよく赤ちゃんらしく肉付きよくなった孫をみて、末永く幸せにと祈りました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-09-24 17:15 | うれしかったこと | Comments(0)

<< 家族新聞「あじさい通信」221... 同窓会での話 その2 白いれんげ >>