田んぼが消える

 夏の夜のお散歩中に、去年まで田んぼだったところに集合住宅が建っていてがっかりすることが多くあったのでしたが、ついに、我が家の近くにたった1枚残っていた田んぼが埋められることになり、工事で迷惑をかけるからと業者さんが挨拶に来られました。

 ・・・およそ30年前、我が家の子供たちが小学生と中学生だった頃にこの地に新築して越して来たころには周りがほとんど田んぼで、それまで住んでいた農村部にもましてカエルの大合唱が聞かれたこの地。子供たちが剣道の防具を担いで帰る夜道は水田を渡る夜風が涼しかったのでしたが。そして、学校の運動場で開かれる盆踊り大会や運動会のスピーカーの音がよく聞こえて来ていたのでしたが。いつの間にやら集合住宅やら個人住宅やらがびっしりと建ち、学校の音も聞こえなくなり、気づくとこのたびの田んぼ1枚だけが残っていたのでした。
 先日は刈り取りの後のなつかしい匂いを嗅いでノスタルジーに浸ったばかりというのに、その稲刈り後の田んぼに、土が入れられ始めています。四季を感じたたった1枚の田んぼ。もはやもっと郊外へ行かないと田植え風景も見られなくなるという事です。
 他人の土地ながら、本当に悲しいです。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-11-18 11:00 | 日常 | Comments(3)

Commented by mmkk1114 at 2015-11-18 11:39 x
こんにちは!
東京のこの辺り 足立区北綾瀬にも田んぼが数年前まで残っていました。
だんだん田園風景は足を伸ばさないと、見られなくなりましたね。

宅地化へ進む田んぼの末枯るる

末枯れ…うらがれ 晩秋の季語です。
ありがとうございます。
Commented by surgeon24hrs at 2015-11-20 00:54 x
おはようございます。

私は神奈川県の、今でこそ住宅地で育ったのですが、当時は田畑、山ばかりのところでした。今は面影が全くありません。開発のためとは言え、寂しいですね。

先月岩手県の遠野に行ったのですが、子供のころを思い出させてくれるよな田園風景にうっとりしました。
Commented by kurashiki-keiko at 2015-11-20 23:52
surgeon24hrs様、そうでしたか。岡山県でももっと田舎で「ふるさと村」なるところが何カ所か指定?されていますが、田舎の原風景を保存しようとしている場所のようです。また、備中国分寺のあるあたりも民家を建てるのを規制して田園の中に国分寺の五重塔があるという風景を保存しています。そんな場所としての規制がないと、田んぼというのは便利に?埋め立てられて宅地化される運命なのでしょうかね。淋しく残念です。

<< 子供への贈り物 物忘れ? 探し物が増えて >>