私流:料理レシピの保存法

 結婚当初は、ノートに手書きでレシピを書きためていました。テレビの料理番組やら「栄養と料理」の気に入ったレシピを写したりして。
また、材料別レシピ集の本に何十年もお世話になったり、婦人之友社の料理本にも随分お世話になったりしてきました。
 この頃はクックパッドという強い味方もあります。しかしそのたびにプリントアウトしていてはもったいないし、教えてもらったレシピもたまってきます。そこで
d0031853_03141245.jpg
バインダー型のクリアフォルダ4冊に入れています。最初は1冊からだったのですが、だんだん増えて来て4冊になっています。
丼・ご飯物・麺、魚介類の1冊と、肉野菜の1冊と、お菓子・デザートの1冊と、季節限定レシピ、の4冊。季節限定ものには、おせち料理のほかきんかんの甘露煮だったり、栗の渋皮煮だったり、キューちゃん漬けだったり、紫蘇ジュースだったりが入っています。
辞書式に上から五十音順に場所を大体決めてインデックスをつけていますので、順番が変っても探しやすくなっていますし、季節によってよく作るメニューを抜き出して手近に置いたりできます。おすすめです。




右端の薄汚れた赤いルーズリーフノートは、かつて当時のシスター・セント・ジョン、こと渡辺和子学長から、学生歌の作曲の賞品として学長室でいただいた物です。
 大学の何年記念か忘れましたが、作詞は文学部の教授で、作曲が学生から募集があり、たまたま私が応募したところ、応募者が少なかったのが幸いしたのでしょう、当選して、音楽の講師の先生が編曲し、グリークラブ(私もその一員だった)が歌ってソノシート(今やなくなっているメディアの一つでしょう)に吹きこみ、学生に配られたと思います。
 しかし、現在の学生に聞いてもその歌はだーれも知らないようです。いったいあの歌は…。当時の古めかしいメロディーなど誰も顧みることもないのでしょう。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-02-04 03:24 | 料理 | Comments(2)

Commented by ラベンダー at 2016-02-05 08:31 x
レシピの整理、いいですね。いつもすぐに出せて同じ味のものが作れる。ブログの画面を見ただけでわくわくしました。

 いつも6人分の料理を作る身にとってレシピの整理は大事ですね!
Commented by kurashiki-keiko at 2016-02-06 03:48
ラベンダー様、色々教えてもらうレシピや新聞の記事も自分でパソコン編集して写真を入れ直したりして保存し、プリントして収めるようにしています。

<< 孫とクッキー作り 苦手なお片付けをしています >>