桜咲く―尾道・千光寺へ


d0031853_2234947.jpg
わが家の近くの倉敷中央病院では、2日午前、紅白の幕が引きまわされていて、院内お花見会がある模様。私達出かける途中に見かけて息子たちに電話したら、みんなで徒歩で行って見たらしいのですが、せっかく歩いて行ったのにまだ準備中で、飲み物や食べ物の露店はまだ。で、子供たちも2往復するほどの体力もなく、本当に見ただけ、で帰ってきたらしいです。
私達ジジババ夫婦は、夫の鶴の一声で尾道へ。


11時20分ごろの到着で、いつもの和食の小さなお店はほんのちょっと開店までに間があったので、前で並んでいたら、なんと、おばーちゃんたちの団体さんが予約でぞろぞろと目の前で入り、その後2組が入ったら満員になってしまいました。がーっくり。
で、仕方なくこちら。

d0031853_2285288.jpg
尾道ラーメンの有名店はたいてい10m位の行列がいつもあって、とてもせっかちな夫の入れるところではありませんので。珍しく行列の無いお店。(ってどうなのよ)

d0031853_2302587.jpg
こちらねぎラーメン。味、やや濃いめ。ねぎたっぷり。分量、やや少な目。
d0031853_241319.jpg
こちら、大好きな「鉄腕DASH」の尾道の坂道を利用したそうめん流しの回に協力したそうな。

d0031853_2423798.jpg
商店街に入り・・・
d0031853_2432552.jpg
目を引く元お風呂屋さんのお店。

d0031853_2442172.jpg
2年越しくらいに念願のデコポンジュースにありつけました。こちら、2年くらい前にいただいて、あまりのおいしさに感動。夫が「季節外だってば」というのにその後やってきてないと言われがっくり、という事もありまして、今回は「ちょうど今が旬です」といわれ、ヤッター。・・・んまい。100%フレッシュですもん。

d0031853_247677.jpg
で、めざす千光寺へといくロープウエイには長蛇の列が高架下をくぐってさらに・・・
夫「歩いて登ろう」いえいえ、足腰が弱っているあなた様、この所転んでばかりいるのに、登れるとはとても思えませぬ。いさぎよく待つのを覚悟でさっさと列の後ろへ。

d0031853_2492530.jpg
時々ピンクのウインドブレーカーを着た会社の人が行列を詰めるように、とか言ってやってきますが、「切符を買ってからお並びください」と言っていたので、夫に番を確保してもらってから切符を買いに行きました。往復で大人500円。後で考えたら帰りもこの長さの列に並ぶよりは、歩いて降りる選択の方がよかったです。
乗れたのは45分後でした。せっかちな夫をなだめるのにほんと骨が折れました。尾道へ行こうと言ったのは夫の方なのに。

d0031853_253893.jpg
やっぱり片道だけでもロープウエイに乗ってよかった。何しろこの景色ですもの。

d0031853_2543759.jpg
尾道水道が一望、ほんとにきれい。

d0031853_2552653.jpg
山の上には「恋人たちの聖地」だって、ハート形の南京錠をフェンスにくっつけて。何でも客寄せなんでしょうね。

d0031853_2564781.jpg
ご当地ソフトクリームとして、みかんと、桜ソフト。私たちもこの列の向こうに陣取って、コンクリの地べたに腰を下ろしてはるか瀬戸内海を見下ろしつつ、温かな日差しを足に感じつつソフトクリームをいただきました。

d0031853_2584219.jpg
下りはロープウエイの券を無駄にしましたが、やっぱり歩いて。大勢ぞろぞろと登って来る人とすれ違いました。中国人らしい団体も。そりゃこの美しい日本の桜を見に来るというのはとてもわかります。

d0031853_30354.jpg
こーんなにきれいに斜面にせり出している所も。あーきれい。

d0031853_313611.jpg
大きな岩の上にも人。絶景。

d0031853_323459.jpg
千光寺の下の所まで下りてきました。夫、くたびれて千光寺のおまいりにはいかずベンチで休憩。

d0031853_334160.jpg
あら、琵琶を奏でる石仏も。

・・・・ということで、下まで降りて高架下を通り、商店街に入り、「もめんく」という瀬戸物屋さんで欠けた湯飲み茶わんの代わりを探して、有田のと多治見の頃合のを2個購入し、同じ商店街の八百屋さんで6個350円の八朔を見つけて購入して帰途につきました。尾道は商店街をぶらつくのがこの頃の楽しみでしたが、足を延ばして有名な千光寺公園のお花見ができて良かったです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-04-03 03:09 | 感動したこと | Comments(2)

Commented by saheizi-inokori at 2016-04-03 09:41
正月に行った時(数年前)は道はガラガラでしたが、ずいぶん人が集まるのですね。
帰りの時間が気になってそそくさと戻ったことが惜しく思われます。
Commented by kurashiki-keiko at 2016-04-03 21:01
saheizi-inokori様、千光寺公園は桜の名所ですし、この4月2日は桜がちょうど満開でしかも翌日が雨の予報だったものですから、人出も集中したのでしょう。大変きれいな桜でした。

<< 新刊ー渡辺和子・山陽新聞社編著... 母の、シクラメン >>