初タケノコ


d0031853_10165864.jpg
スーパーの特売日、人で一杯の店先に、土のついて白っぽい上物の小ぶりのタケノコ3本を発見。んー。夫が先日尾道で見かけて食べたそうにしていたのですが、持ち帰っても重いしお出かけの日は疲れているので、とお断りしたものですから、2,3度前を行ったり来たりした挙句に思い切って3本とも買い占めてしまいました。それに鮮魚コーナーで三陸の生わかめも1パック。
 1本あたりが398円なーり。算数が苦手の私、帰宅して家計簿をつける段になってから、税込み1,290円もタケノコに払ったことに気づき、がっくり。先月はピロリ菌に敏感になっていて高級ヨーグルトを毎日食べて副食物費が赤字で、それを今月は取り戻すはずだったのにぃ。
・・・ともかく、これまではぬかも小袋をそのそばに置いていたのに、近頃は食品衛生法か何かで店頭には置けなくなって、と店長さんらしき男性が別の機会に人に話していたのを聞いていたので、駐車場の片隅の精米機コーナーの裏手の「ぬか小屋」に初めて行って、ぬかをいただいて帰りました。
 孫がまたやってきたので、白いから上等なんだよ、とわかるかわからないかはわからないけれど、説明しつつトン先を包丁で切り、ぬかと唐辛子を孫に入れさせて茹でにかかりました。

・・・初めての若竹煮、残念ながら写真を撮り忘れましたが、
婦人之友社刊の
d0031853_10293794.jpg
こちらの本を参考に作りました。基本の料理が丁寧に書かれていて大変ありがたい本です。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-04-06 10:24 | 料理 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 夜桜のあやしいうつくしさ おてつだい、カクニンが大事。 >>