後楽園(日本三名園)を散歩して

 17日(日)、例によって夫がどこかへ行きたい、と言うので、時候もいいし、久々に岡山の後楽園を散策してみようと提案しました。

d0031853_143093.jpg
入園まもなく、結婚写真の前撮りをしているカップルを発見。倉敷美観地区でもたびたび出くわします。後楽園ではこの日はこの1組だけ。珍しそうに見ていた外人のグループに"Where are you com from?"
とあやふやな英語で尋ねると、”Israel"(イズラエル)とのこと。(日本語ではイスラエルですが、現地語?だとイズラエルと濁るのですね。その時はそれ以上のことは何も言えず。

d0031853_1453819.jpg
中央の池からは岡山城も遠望できます。私は例によって?写真を撮りあっているカップルを見つけて、
「お2人のを写して差し上げますから、わたしたちのも写してもらえますか?」
と交渉してお互いににっこり。「自撮り棒」だとこういう交流も生まれませんよね。自撮り棒反対!

・・・茶店で、あん入り吉備団子とお抹茶をいただいていて、すぐそばに腰かけてソフトクリームを食べていた外人熟年ご夫婦にやはり"Where are you come from?"
と声をかけてみたら、ニュージーランドだそうでした。
いいお国ですね、というと、ありがとう、との事。(つたない英語で何とか通じた)
「後楽園は良い所でしょ?」と聞くと、京都の嵐山もよかった、との事でした。

築山・唯心山(ゆいしんざん)に登ってみました。池田綱政の息子の継政公が作ったとの事。
d0031853_1414299.jpg
それほど高い山ではないのですが、後楽園を立体的に見降ろすとまたとてもいい景色。

d0031853_14154141.jpg
広々として、真っ青な空がまた新緑を美しくしていました。
このてっぺんでも、映画俳優と女優さんみたいなステキな外人カップルがかわるがわる写真を撮っていたので、声をかけたいな、と思ってぐずぐずしていたら、日本人の若い女性に先を越されて、彼ら二人を撮ってあげていて、その代わりに彼女とお母さんも撮ってもらっていました。残念。

しばらく園内を歩いていくと、結婚式の記念撮影をしている一団に遭遇。先ほどの前撮りカップルと違い本格的な日本髪の花嫁さんで素敵。

d0031853_14183030.jpgそれで・・・

d0031853_14202214.jpgやはり外人観光客が珍しそうにずっと見物していました。

d0031853_14213820.jpg
こちらは園内の主要な建物延養亭(えんようてい)(の前)から見た風景パノラマです。

d0031853_1423211.jpg
最後に、振袖の若い女性が立って撮影していて、後ろを歩いていた外人が盛んに写真を写していたので、
”You are lucky"というと、そうだねと言っていました。
園内を歩く外国人、聞いたところでは、英語、スペイン語、フランス語、中国語、韓国語?とずいぶん多くの国から観光に来られているみたいで、すっかりそっちの方の野次馬になっておりました。

最後に、

d0031853_14265663.jpg
後楽園を見下ろすこちらのホテル9階のレストランでお昼ご飯。
とはいえ、3,400円のはちょいとお高いので、一番安いのがこちら1,900円也のカレーライス。夫がテーブルクロスにこぼしましたが、なーに、洗濯代込みのお値段でしょう?

d0031853_14261654.jpg
先ほど見た園内と市街を一望の風景。桜の頃とか、花火の頃には最高でしょうね。
実は私たちの結婚披露宴もこちらのホテルでしたのでした。ほほほ。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-04-19 14:29 | おでかけ | Comments(0)

<< 着物を寄付して一石二鳥? 熊本産の >>