にぎわう倉敷美観地区ー5月4日

東町から本町の方へ入ると・・・

d0031853_22411351.jpg
さすが大型連休、これまでにない人出です。

d0031853_22422454.jpg
d0031853_22423763.jpg
こちら、ホテル倉敷アイビースクエアの南の通りに面している、一棟貸し切りの宿泊施設。先日ニュースで見ましたが、ここだったんだな、と思いました。私も大学の寮時代の仲間10人ほどと岐阜・高山の方でそんなお宿に泊まらせてもらい、大変楽しかったので、グループで貸切、いいんじゃないでしょうか。

d0031853_22452470.jpg
こちら、ビクターの犬が屋根の上にたくさん乗っているので有名な山陽堂の骨董屋さん。ピザ屋さんの「ラ・チェネッタ」が12時開店だというのに30分前から並ぶとせっかちな夫が珍しく言うものだから、待ち時間にこちらの店の中を見物しました。田舎の蔵に行けばあるような、古い食器類だの古いガラス器、市松人形、置き物、などありとあらゆる古い物が、ガラスケースごとに小さなお店のブースのような感じで並べられていました。?個人商店の寄り集まり、と言う感じ。それぞれのケースごとに特徴ある品が並んでいました。

 ラ・チェネッタは戻ってみると私たちは2番目に並んでいたのでよかったのですが、12時の開店と同時にお客がどっと入り、7テーブルの店内は満席になりました。こういう時はタッチの差でも人より早く注文を出したが勝ち。私たちはマルゲリータと、巻きピザ、ブラッドオレンジジュース、サラダをさっさと注文。ほとんど同時に入店してもそこで待ち時間に大きな差が出るのです。と言うわけで、一番早く注文の品が出てきて、他の人はずっと待っているという事に。
d0031853_2343711.jpg
 ここの本場イタリア仕込みのピザは薄くてパリッとしていて大きい。マルゲリータがまず来て、オレンジジュースが来て、本当は最初に来て食べながらピザが焼けるのを待つつもりだったサラダが来て、それからまるで枕みたいな?巻きピザが来ました。中身はポテトサラダみたいな、パセリとチーズか?が入っていて上手に切株みたいに切っても大口開けて食べるわけにもいかず、切っていたら中身が出てきました。ともかくも、ほぼ同時に入った人たちの中で私たちが最初に食べ終えて店を出ました。

 倉敷川沿いを歩くと

d0031853_23101121.jpg
センダンの古木が青空に堂々としています。

d0031853_23111337.jpg
こちら、川向こうの奥は元紡績工場を改装したホテル倉敷アイビースクエア。この向井の場所は元は綿花を下ろす船着き場だったそうです。  大勢の人は、約30分後に行われる「瀬戸の花嫁川舟流し」を目当てに待っているようでした。

d0031853_23133618.jpg
 私たちは、最近できて行って見たかった「くらしき宵待ちGARDEN」へ。郷土玩具館の脇の細い路地を通った奥にありました。竹藪のある庭園と、生の果物を使ったカフェとでできているところ。しかし売り物のパフェはなんと注文が殺到していて1時間待ちと言われて、飲み物とソフトクリームにしました。
台風みたいな強風の吹き荒れる日で、竹ががものすごい音を立てて揺れていました。


d0031853_23172120.jpg
別の路地を出ると、今度は大原美術館の裏手の新渓園の方へ出ました。大原美術館の前には露店がたくさん。こんな風景は初めて見ました。大原謙一郎氏がタクシーでそろそろと出かけられるところを見ました。

d0031853_2320930.jpg
 ちょうど「瀬戸の花嫁」が川舟流しを終えて撤収する前だったようです。川舟流しを見られなくて残念。

d0031853_2321122.jpg
  5月14、15日には教育相会議がアイビースクエアであるそうで、孫たちの学校も先生がそちらへ行くのか休校になるところやら登校日になるところやら色々普段と違うようです。各国の教育相やら報道陣に倉敷のよい所をたくさん見て行っていただきたいものだと思います。  
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-05-05 00:40 | おでかけ | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 孫(6歳、2歳)に出来る料理の手伝い 5月4日(水・祝)にしたこと >>