RSKバラ園へ3世代で

 5月8日(日)、大型連休最終日、夫が珍しく映画にでも、と言うのでMOVIXの上映予定を見てみましたが特に見たいと思うものもなく、息子たちとバラを見に行って見ることにしました。
 10時過ぎだったか、行って見ると駐車場は満車寸前。時候もいいし、思う所は同じなのかなあ、と言いつつやっと隅っこになんとか止めるところを見つけました。車1台で行ってよかった。

d0031853_157240.jpg
バラ園の外苑はなにやら露店が立ち並び、こちらをめざしている人の方がずっと多かったみたいです。うちの孫もハンドルを回してエコな電球を点灯させるのをやらせてもらいました。また、世界の紛争地域の国旗を出しつつ、平和を祈る団体もあり、その呼びかけの声が結構大きく響いていたりしました。

d0031853_202330.jpg
バラ園のバラは早生のはもう終わり近く、しかし晩生のはまだ咲いていないという状態。もうちょっと先の方が花が多いかもしれません。

d0031853_215831.jpg
華やかな割にかおりの強いバラは少なくて、こちらは珍しくかおりのよいバラ、「香澄(かすみ)」。

d0031853_243317.jpg
こちらは「アンネの思い出」。アンネの日記のアンネ・フランクにちなんでいるのでしょう。

d0031853_26528.jpg
奥まった一画に、記念植樹?のように、願いを込めて植えられた株のエリアがあり、祖父母が孫のためにだったり、夫が妻のためにだったり、同窓生のためにだったりと、色々な人が願いを込めて植えたものがありました。まだ2年目くらいの小さな株でしたが、管理が行き届いているこのバラ園では結構長く楽しめるのではないでしょうか。これを見に来るためにお客が増えるかもしれませんね。

d0031853_29175.jpg
2歳の女の子は結構マイペースで歩き回りました。男の子はバラより外側のアスレチックの方へかけて行ってしまいました。

d0031853_2103966.jpg

大きな楠木があちこちにあって、結構な木陰にテーブルセットなどもあり、人が少なくて、これならお弁当を持ってきたらよかったな、と思いました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-05-09 02:12 | おでかけ | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 母の「自分史」を読み返す 町屋トラストに駄菓子屋さん >>