味野小学校の同窓会 「きょうの日はさようなら」

6月4日(土)正午から、倉敷市児島塩生の瀬戸大橋スパリゾートで味野小学校の同窓会がありました。
わたしは11時から玄関で受付にいました。出欠の表に書き込むのと、テーブルごとのくじを引いてもらう係。隣のTさんが会費を受け取り、そのまた隣のGさんが靴のロッカーのカギを決めた位置に保管する係。
 最初の1人は、千葉からやってきて前泊していたMさんでした。一番遠い人。東京に出るまででも何時間かかかるそうなので、2泊しないといけないようです。会費を幹事としては一生懸命押さえて設定しましたが、遠くの人は往復の運賃はもちろん宿泊費もかかるので本当に経済的な負担が大変なのに、よく来てくれました。
 最初はパラパラと入って来られていたのが、JRの駅からの送迎バスが2回に分けて到着すると、戦場のように忙しくなり、行列ができてしまいました。
 最後に2人到着が遅れ、一人はタクシーで、というか本人がタクシーの運転手で働いており、(多分同僚運転の)営業車でそのまま横づけしてやってきたのにはびっくりでした。最後の1人が朝4時に大分を出て、会場までは弟さんの車で送ってきてもらったという人でした。
 私がその人と片づけて記念撮影の部屋に行くと、もうすでにみんなひな壇に並んでスタンバイしていて、端っこの方に入れてもらって記念撮影してもらいました。
 そしてテーブルセットされた本会場の方へ移動していよいよ開会です。

d0031853_381346.jpg
正面の看板を作ってくれたのは、司会席にいるNさん。紙製品の加工会社を経営していて、受付の看板の文字入りスタンド付きのプラカードやら、駅の改札で立つ人が持つ看板やら色々と作ってくださって大助かりでした。また、司会原稿は元放送局勤務だった正面に立っているHさんが作ってくれた、放送原稿を模した物。ただ棒読みすればちゃんと司会が務まる、と言う有難い原稿でした。

d0031853_3193590.jpg
今回出席なさった恩師お2人。左側は辻先生で87歳?だとの事。ゆっくりとした、しっかりした口調でご挨拶されました。教員を退職後も色々なお役をされて、今は十数年も老人会のお世話役をなさっておられ、もう米寿が来るので来年は絶対にやめさせてもらうつもり、との事でした。
 右側は金木(旧姓植山)先生。この学年は1年生と3年生の時に担任なさったとのことで、2度担任してもらった人も数人いたようです。私は3年生で担任していただきました。若くてチャーミングな先生でしたが、今もとてもお若くてステキでした。
d0031853_3223783.jpg
先生お2人を含めてちょうど50人の出席で、会場はちょっと狭いかもしれませんが、だだっ広い所にいるよりはテーブルが近くてよかったかと思います。
 私はちょうど中央部のテーブルで、男性5人、女性2人。そのもう1人の女性は、中学から岡山の私立に進学して人でしたが、3,4年の時に同じクラスだったので話が弾みました。この人とはだから小学校の同窓会でないとお会いすることはないのだなあと思いました。
 今回は3回目でしたが、初参加の人が東京都から2人。深大寺と、多摩から。遠い所を来てくれて、積もる話も色々とできました。
 クラスごとに前に出て代表者が紹介する、まではよかったのですが、1人ずつ自己紹介、という事になってしまい、やたらに話が長い人もでて、ちょっとだれました。ああいう場合の一言スピーチはやはり1分以内だとかにあらかじめ設定して置いてピリッとした内容に絞るという知恵も必要かな、と思ったりも(幹事の1人としては)思いました。
 ともかくも正午に始まって1次会が3時半まででした。
1次会のお開きの区切りとして、Oさんの発案で「故郷」と、「きょうの日はさようなら」を歌っては、と歌詞をプリントに加えてくれていて、私が「歌唱指導」というのにはおこがましく、音頭取りをさせていただくことになりました。「音楽教育を受けたわけではないのですが、合唱団に高校・大学・現在も入っているので」と半ば言いわけめいて言ってから歌い初めました。幸いみんなのキーに合ったみたいで皆さんうたってくれてよかったです。

 、2次会が5時まで、さらにスパリゾートなのでお風呂に入って、と言う人もいましたがあっという間に終わりました。2次会はカラオケ自慢のひとたちによりカラオケが始まりましたが、大音量では話し声も聞こえないので、少しずつボリュームをダウンしてもらいました。ただの飲み会ならともかく、積もる話がしたくてやってきた同窓会なので、自己満足に終わるようなカラオケはいらないねえ、とはお隣に座っていた彼女との会話でした。
 
 私は家の近くの人と2人で、降り出した雨の中を帰りました。帰って知るとこれが梅雨入りの雨だったようです。
 幹事としては後日写真を整理して郵送する役目が残されていますが、まずは盛会で終わってよかったよかった。

 関連記事⇒同窓会の世話人・・・始動。http://kurakeiko.exblog.jp/22469868/
       ⇒同窓会のお世話の裏側 
http://kurakeiko.exblog.jp/22858670/
       ⇒味野小学校の同窓会の準備会 http://kurakeiko.exblog.jp/23091615/

       ⇒味野小学校の同窓会の準備会(1週間前最終) http://kurakeiko.exblog.jp/23182057/
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-06-05 03:33 | しみじみしたこと | Comments(2)

Commented by surgeon24hrs at 2016-06-06 05:26 x
こんにちは。

小学校の同窓会があるなんて、素敵ですね。今でも皆さんに連絡がつくということがそもそも素晴らしいし、おまけに50人もいらしたとは! 先生もお二人ですか。羨ましいですね。楽しい時を過ごされたことと存じます。
Commented by kurashiki-keiko at 2016-06-08 21:34
surgeon24hrs様、16年前に最初の会を企画した時には、まずみんなの消息を訪ねて名簿を作るところから始まりました。「どうしてもあの先生とお会いしたい」と言う熱意のある1人のもとに幹事が集まり、呼びかけに答えて72人でしたか、集まってくれました。あれから3回目となるとさすがに恩師も鬼籍に入られた人や老齢になって欠席と言う人が多く淋しくなりました。しかし小学校というと、お互いに家まで行き来出来る距離だっただけに親しさが違いますね。ありがたいことです。

<< 同窓会「五次会?」 必要とされる人でありたい >>