準備完了

d0031853_67655.jpg
先日はがきで、1日、お盆供養(棚経)にお坊さんがお見えになるとの事。
 祭壇を夫と組み立て、盆提灯は息子にも手伝わせて作りました。生ものはこの時節柄、早くから準備できないので今朝4時半に起きてお花を活けたり霊供膳の支度をしたりしました。
 外出予定なので6時頃自分のお弁当も作り、ラジオ体操もできて、やっぱり早起きは三文の徳かしら、と思ったことでした。
 義父が亡くなったのが平成9年、以来この祭壇の準備を毎年していますのでずいぶん慣れましたが、若いころは自宅にお仏壇もなかったものですからお盆の行事なんて何もしなかったし知りもしなかったなあと思います。実際、今の息子の嫁さんに出来るかしらと思うのは杞憂で、その時になったら出来るようになるさ、とあまり早くからプレッシャーにならないようにと思います。孫たちは土日には親と、またはジージとお仏壇にご飯を上げることにしているので、お仏壇に、または仏様と言う存在に親しんでくれているかな、とひそかに思っています。

 祭壇を作っていると、近頃何でも知りたがりの2歳の孫娘が「これなーに」に始まり、「お盆のお飾り。お坊さんが来られるの」「お坊さん、なんで来るの」「お盆って?」と質問攻め。お坊さんは法事やお葬式が今年あったのでよく分かっています。「お盆には亡くなったひいおじいちゃんやひいおばあちゃんがお墓から帰ってくるからね」などとちゃんとわかる限りを答えてやっていますが、この時期「大きくなったら」などとはぐらかさないようにと思っています。




iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-08-01 06:07 | 日常 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< お寺にもポケモンとか。 車の購入 >>