小学校区の夏祭りに


d0031853_22555721.jpg
この所の酷暑で、早朝にちょっと草取り、ラジオ体操をする程度で日中は家にこもっています。
夫は特に、家事を手伝うこともなく日中はテレビをつけっぱなしでごろ寝するのが仕事みたいな日常。
そしたら、8日(日)の夜は小学校の運動場で学区住民と学校の連絡協議会が主催?の夏祭りがあると言って、息子たちが6時に出たい、と言うので、バーバは夕食をがんばって5時に作りました。
 孫のお友達が6時に誘いに来て出かけ、わたしたちも子育て中以来、久しぶりに団扇をもって出かけてみました。

 住民連絡協議会の夏祭り、わたしが20年くらい前に町内会のお役をしたときには男性は櫓を組み、女性は提灯をつるす係で、朝7時に出かけたものです。今年の屋台には幼稚園や小学校のPTAの役員や教員の皆さんがお世話してくださっていて、フランクフルトやホットドッグ、いなりずし、ジュース、アイスクリームなど。後はくじ引き、ヨーヨー釣りなど楽しい夜店が一杯。校舎よりには子供のお習字作品が行灯のように掲示されていました。櫓では太鼓が打ち鳴らされ、地元の盆踊りの曲が流されていました。
 女の子たちはそれぞれきれいな浴衣を着せてもらっていたりして、楽しげに友達とぞろぞろとてんでに夜店をのぞいたり食べ物を食べたり。
 せっかく櫓があって盆踊りのようにしてあったのですが、最初の頃学校で習ったという子供が歌う盆踊りの曲を少しの子供が一重の輪を作って踊っていたくらいで、代官ばやしというのか、地元の盆踊りの曲が流れても、婦人会の役の人数人と子供10人くらいが半円くらいになって踊っても後の人が続きません。3重くらいの輪になって踊ると楽しいのにな、とちょっと残念でした。
 ただ、学校の運動場で健全に、親子で夜店を楽しめる場を作っていただけているというのはとてもありがたいことでした。見たことないくらい大勢の子供連れの若い人達がぞろぞろと、運動場せましと集まっているのを見るのは楽しいものでした。
 途中、2歳の孫が行方不明になりドッキリする場面があったものの、無事探せて、ヨーヨー釣りができたと言って喜んでいて、夏の夜のよい思い出になったことでしょう。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-08-07 23:07 | しみじみしたこと | Comments(0)

<< 節目の時を迎えて 酷暑 >>