2才児がビスケットを

 14日午後、出先で個包装のビスケット2枚をいただき、そのまま家に持って帰り、お嫁さんが1年生の男の子を連れて出かけるので下の2歳の女の子を預かることになりました。
 そこで、お母さんに持たせてもらっていたジュースに合わせて、そのビスケットをおやつにと出してやり、私は洗濯物の取り込み作業をやっていました。
 すると、女の子は、1枚をテーブルに置いて「おばあちゃんどうぞ」と取っておいてくれたのです。
 私の気持ちは、2枚しかないのだからおやつにその子にやるつもりだったので、驚き、もうすぐ3歳の2歳児が自分の分として取り込まないで分ける、ということができるのかとうれしくなりました。
 たったこれだけの話ですが、少ないものでも分け合う、という気持ち、いつまでも大切に持っておいてほしいものと思いました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-10-15 05:30 | うれしかったこと | Comments(2)

Commented by memmon at 2016-10-15 06:51
けいこさん、おはようございます。
可愛いお孫ちゃんですね。情景が浮かびますよ。
今朝は東京は9℃。
倉敷はどうですか?
でも、お昼は20℃くらいにはなりますので、まだまだ寒いとは言えませんね。
Commented by kurashiki-keiko at 2016-10-16 03:31
memmon様、コメントありがとうございます。
朝晩涼しく、というよりかは寒くなってまいりましたね。
土曜日午前中に我が家も長男と協力してそれぞれの部屋の敷物を花ござから絨毯やホットカーペットへと変えました。これで寒さが来ても大丈夫、というよりは夫のごろ寝も安泰、というわけです。

<< バザーの品に おしゃれしてお出かけすることは >>