バザーの品に

d0031853_17582221.jpg
翌日のイベントに備えて体育館ロビーに集められた山のような品々。50人ばかりの民生委員・児童委員が各地区から集まって、タオル類、洗剤、食品、衣類、その他にまずはみんなで仕分け。
続いて値段つけ。私はここには初参加でしたし、誰も知人がいなかったので少し心細かったのですが、タオルのグループに入って値段の紙を貼り付ける役を夢中でやりました。気づくと途中から「これは300円! こっちは500円。」という風にさっさと値踏みして値段を言う人が現れ、私はそれを受け取って値段の紙をテープで張り付ける役。風呂椅子でもあればよかったのですが、しゃがんでいると腰が痛いし、途中から段ボールを持ってきてくれる人があり、くつも脱いで正座してやりました。

 出された品々は、大体贈答品で、立派なバスタオルやタオルセットなど、中にはお葬式のタチハとして出されたタオルやハンカチも。石鹸とセットになったものも。粗品としてもらったらしいタオルはばらして3,4枚ずつのセットにしてポリ袋に入れる係もありました。
 50人くらいいたでしょうか。4時まで、といっていたのが3時半に終えられほっとしました。


iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-10-15 17:58 | 日常 | Comments(0)

<< チューリップの球根を植えました 2才児がビスケットを >>