作れました

d0031853_01035084.jpg
婦人之友社の雑誌「かぞくのじかん」Vol.35春号に出ていた巾着袋を縫ってみました。
布地はわが子が小さいころに縫ったパジャマや手提げ袋の残りなので、チェックのほうは2か所縫い合わせています。残り物の材料の缶におあつらえ向きにピンクの紐もあったのでなんとか1枚縫えました。裏地は、袖口が痛んできたスモックエプロンの布をリサイクルしました。というわけですべてあり合わせで出来たお弁当袋。
 大体おおざっぱな性格なので、今回もよく見ると・・・025.gifな箇所がいくつもありますけれど、色彩的には気に入っています。
 というわけで、ついでに意欲が出てきて、新しい材料を手芸屋さんに行って買ってきました。この1枚を縫うのですら一気にとはいかず、切れ切れな時間を使って少しずつだったのでのべ3日かかったというのに、一体いつになることやらですが。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-01-11 01:24 | うれしかったこと | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< どんど焼き 映画「海賊と呼ばれた男」を見て >>