木曜日の尾道は静かだった

夫退職後ではありますがやたら忙しい私、なかなかお出かけする機会に恵まれず、たまに空いたので、では、と尾道まで久々のドライブと相成りました。
で、夫、いつも行列しているあの店でラーメンを食べてみたい、とのたまうので、寒風の中、行ってみたのでしたが。
d0031853_23152550.jpg
だーれも行列していない。と、見るとシャッターも閉まっていて、木曜定休だそうで。そうなんだ。時に水木連休の週もあるようです。がっかり。
d0031853_23202413.jpg
代わりに、海岸通りにあるこちら「喰海(くうかい)」で尾道ラーメンをいただきました。
夫は餃子とのセット。私は野菜炒めラーメン。ラーメンの写真はネットでたくさんあるので、こちらの写真は
「鉄腕ダッシュ」の番組で尾道の坂を流しそうめんをした時に店主が協力した、という店内にあったものです。


商店街のはずれにおなじみ林芙美子像。光の加減がよいのか、小説の一文がはっきりと読み取れました。
d0031853_23225728.jpg
d0031853_23252529.jpg
林扶美子資料館はお休みでした。




d0031853_23253134.jpg
扶美子ゆかりのかまぼこ屋さん、「桂馬」は営業中。



d0031853_23253538.jpg
「桂馬」の横の路地は石畳で、むこうに海が見えてなかなかよい風景です。



d0031853_23254291.jpg
赤い昔のポストが昭和レトロな感じ。この広場では以前何度かイベントに行き会ったことがあるのですが、
それはどうやら土曜日に開催されるものらしく、ウイークデーの木曜日は誰もいませんでした。



d0031853_23254665.jpg
お風呂屋さん「大和湯」の「ゆーゆー」もご覧の通り。閉めているのは逆に珍しくて、こんな外観だったんだ、
と窓の様子などを見られました。



d0031853_23255274.jpg
前回は焼けたばかりで生々しかった火事現場跡地。


d0031853_23255653.jpg
ここの瀬戸物屋さんは、もう亡くなった90歳過ぎだったおじいさんとおばあさんが、
ご夫婦で仲良く店番をしていらしたころからの大好きなお店です。
実は今回は、前回に勧められた「100gのご飯しか入らないお茶碗」
を買いたくなってやってきたのでしたが、残念でした。またの機会にします。



d0031853_23260232.jpg
閑散とした商店街。土日には観光客も割と大勢行きかっているのですが。

夫がトイレ休憩をしたくなり、「尾道浪漫」というレトロな喫茶店でお茶して帰りました。

d0031853_23261427.jpg
古い手押しポンプのある場所には、昔の道しるべの道標が移設されてありました。


d0031853_23261973.jpg
やっぱり、人通りがある程度ある方が、というか商店が開いてないとぶらぶら歩きもなんだかなあ、という尾道の街歩きでした。


[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-02-02 23:39 | おでかけ | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 節分、恵方巻には乗らず 味噌作り >>