美星青空市~ジャズの流れる喫茶店へ

3月1日(水)、水曜日は私にとっては貴重な在宅日。お掃除に買い物に、庭にびっしり生えた草も抜きたいし・・・など思いつつ、銀行で生活費を下して、夫のお小遣いも。というので夫同行。すると、夫の運転であらぬ方角へ・・・あれれ。
 夫の好きな美星の青空市へ。野菜の産直も、土日でないからお客もあまり来ないと見込んで、野菜も少ないし。仕方がないので白ネギ3本100円、にんじん1袋200円で購入。
 昼時だったので地元産食材のレストランへ。
d0031853_01321794.jpg
野菜たっぷりのランチ。とろとろ野菜のミネストローネ、コロッケ、切干大根の煮物と青菜のお浸し。ミネストローネは濃くてたっぷりしていて。コロッケがまた外がサクサク、中が甘みがあってトロッとしていてほーんとにおいしい。800円はお値打ち。

帰りに、来るときに見かけた、今時珍しいジャズの流れる喫茶店へ寄ってみたくて。
d0031853_01363324.jpg
街中ではないので、果たしてどこだったかうろ覚え、「通り過ぎたかな」と思いつつ運転していて、やっと見つけて入りました。「ごじとま」。店内ははいったところから少し下がったところに店主の方がいて、お客は誰もいなくて、ちょっとボリュームを落としたジャズが流れていていい雰囲気。お昼は済ませて行っていたので、「コーヒーの銘柄はさっぱりわからないのですが」と正直に言うと、「ではブレンドで」と言って出してくれました。
ここは月曜日と木曜日だけ、サンドイッチみたいなランチを出しているそうです。
d0031853_01390163.jpg
さっきまで「いろいろ家ですることがあるのにこんなところまで出かけてきて」とむくれていた私でしたが、学生時代に戻ったかのようなレトロな雰囲気のいい感じの喫茶店でちょっと気分が落ち着いてきました。
 この後、帰宅まじかになって夫がすっかり忘れていた来訪者があることが分かり、さらにドタバタの午後が待っていたのでしたが、ほんのちょっとだけいい気分の時間が過ごせたのはよかったと思いました。


[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-03-05 01:42 | おでかけ | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 孫のお相手 アカペラ合唱団のブログ作りました >>