沖縄の旅 その8 宮古での食事 夜

d0031853_6342724.jpg

d0031853_634273.jpg

d0031853_6342717.jpg

d0031853_6342771.jpg

d0031853_6342730.jpg

d0031853_6342719.jpg

d0031853_6342823.jpg

d0031853_6342877.jpg

d0031853_6342865.jpg

d0031853_6342826.jpg
2泊目は島の西の海岸のホテル。夕食はタクシーに乗り、地元食材が食べられるお店へ、行ってもらったのが「琉球居酒屋 あぱら樹」あぱらぎとは美人とかいう意味だそうです。
お通し432円、ミミガー(豚の耳)378円、鶏軟骨唐揚げ648円、鶏皮ギョーザ648円、アーサーピザ648円、島らっきょう天ぷら615円、厚揚げ豆腐432円、グルクン唐揚げ594円、もずくじゅーしい(雑炊)615円、ウーロン茶270円×2、という内容で5,421円でした。
島らっきょうのてんぷらは初めてでしたが、見かけはわかさぎの天ぷらみたい、大変美味でした。もずくじゅーしい、締めとしてよかった。食べ終わる頃に追加注文もしやすく、早めに入店(5時半)して最初の客だったのもよかったかもしれません。

iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-03-11 06:34 | | Comments(2)

Commented by surgeon24hrs at 2017-03-13 01:05 x
おはようございます。

これは美味しそうですね。拝見しているだけでこちらが空腹になります。
: )

アーサーって、なんですか?
Commented by kurashiki-keiko at 2017-03-13 01:50
surgeon24hrs様、コメントありがとうございます。これはスマホからの投稿なので、帰宅後もう少し整理して投稿しなおすつもりでした。ちなみにアーサーといいますのは、「アオサ」と言われる海藻の事です。瀬戸内海でも昔アマモが多く海水浴場にも見られた時代には浜辺に普通に打ち寄せられていました。

<< 沖縄の旅 その8 珍しい植物、... 沖縄の旅 その7 宮古で... >>