沖縄の旅 その9 ホエールウオッチング

d0031853_05253456.jpg
沖縄本島に渡り、3月はザトウクジラが子育てをするために近くに来ているとの事なので、ホエールウオッチングをすることにしました。朝8時半ごろ迎えのバスに乗り、30人くらいずつに分かれて乗船。
海の水しぶきはもちろん、この日は雨だったので、カッパが必須。私と夫は忘れていたので使い捨ての薄いカッパを200円で購入。
ガイド役の若い男女3人ほどがついてくれています。
 約1時間で現場に到着、あとは船長の判断でクジラを探すそうです。
d0031853_05224627.jpg

d0031853_05225683.jpg
d0031853_05235166.jpg
d0031853_05242364.jpg
d0031853_05233191.jpg
一緒に見ていた船はほかに3隻、みな鈴なりのお客がクジラを見ています。しかし港を出てから約1時間のこの時間帯、船酔いしていた人が若い女性、中年主婦、70代後半らしい人の3人はたぶん全く見ていないと思います。夫はといえば、2階のテラスへ。私は怖くて1階ベンチに。立ち上がると落ちそうで危険。
 一度はクジラがジャンプしたそうで、残念ながら私には見えませんでしたが、1週間に1度くらいの珍しい場面だったそうです。尾びれを出してみたり、潮を吹いてみたり、頭のところをのぞかせて見たり、赤ちゃんクジラが見えたり、と一同大興奮のひとときでした。
また、半年くらいの赤ちゃんを抱っこしたお母さんと、3,4歳の男の子を連れたお父さんの若い家族もいました。男の子もしっかり見れてよかったようです。赤ちゃんはおとなしく、最初は眠っていましたが、クジラ見物の際には目を開けておとなしくしていました。
 ゆれる船内、私は波照間島からの帰りの船がかなり揺れた経験があるので、お尻の下にバランスボールがあると思ってウエストシェイプするつもりで踏ん張っていることと、遠くの水平線を見ていれば絶対酔わないとわかっていたので大丈夫でした。酔った人はたぶん、船尾の白い波が逆巻いていたのをずっと眺めていたのかもしれません。気の毒な事でした。




[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-03-13 05:38 | | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 沖縄の旅 その10 沖縄本島 ... 沖縄の旅 その8 珍しい植物、... >>