道央の旅その3 青い池、後藤純男美術館、ファーム富田

 旭川のホテルの朝食です。家ではパン食なのですが、旅先のビュッフェ形式だといわゆる腹持ちがよい和食を基本にしています。この日は出発日の朝と似たメニューで、冷奴、温泉卵、ポテトサラダ含むサラダ、きんぴら、だし巻き卵(卵が2種になった)お味噌汁、お漬物、ごはんでした。
d0031853_16302492.jpg
d0031853_16341402.jpg
美瑛の道の駅「びえい丘のくら」。名前の通り外観は石造りの倉庫で道の駅のイメージが違いました。

青い池。文字通りコバルトブルーというのでしょうか、柔らかな青い色の池があり、そのほとりのでこぼこの石の多い遊歩道を、中国語を話す外国人が半分くらい、ぞろぞろと観光客が通って見物していました。中には日本の着物を着た若い女性二人もはしゃいで記念撮影をしていたりしました。
d0031853_16432750.jpg
d0031853_16434305.jpg
ここのブルーの色は、アルミニウムが溶け出しているのだそうです。土石流を防ぐためのコンクリートのテトラポットみたいな堰堤を作ったところ、その上に水がたまってこのような池が偶然出現したようです。
d0031853_16482188.jpg
   余談ですが。青い池から少し下ったところで使わせていただいたトイレの個室にあった張り紙です。間違った表現に添削がしてあったのが面白かったので。日本人でも外国へ行って日本語のへんな表記が気になると聞きます。シンガポール、香港、台湾、中国、韓国のひとあたりが直していったものでしょう。 それにしてもそのあたりの人の観光客の多いのには驚かされます。トイレの使い方も、ここにはありませんが洋式便器の上にしゃがまないこと、和式便器の場合には前後逆に使わないことなどを図解、また中国あたりではペーパーが粗雑なせいか、そばの箱に入れるようになっているらしく、日本ではペーパーを流してよいことなどを丁寧に説明してありました。<
d0031853_16502824.jpg
   北海道の道には大部分このような矢印が道の車道の幅を示しています。冬場に雪が降って見えなくなるためでしょう。レンタカーを借りた時にも、「止まれ」の文字は雪で見えなくなるため本州のように地面には書かれておらず、横や上に標識があるので見落として事故にならないように、との注意がありました。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-08-02 17:06 | | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 道央の旅その4 トマム、夕張メ... 道央の旅その2 三浦綾子記念文... >>