道央の旅 その9 札幌

 2017年8月4日(金)、この日は1日個人タクシーで札幌市内観光をしました。朝9時から、夕方5時に千歳へ送ってもらうという約束です。レンタカーで回るとどうしても時間が読めないので効率よく回れないことから。お願いしていた旅行業者さんが格安の料金のところを見つけてくれました。
朝8時45分には迎えに来てくれました。この人、個人タクシー組合から依頼があったようです。名札には小原とありましたので、夫と「こはらさんかなあ、おはらさんかなあ」と話していると、「おばら」さんでした。このあたりではおばらさんが普通なのだそうでした。
d0031853_10093305.jpg
d0031853_10094317.jpg
最初に行ったのは、東西に広がる大通公園の西の端、札幌市資料館になっている建物。昔は裁判所だったそうで、アプローチのひさしの両側には天秤のレリーフ、公平を示すこと、また建物外壁の鏡のレリーフは正義を見通す意味があるのだとか。この石材は支笏湖?のあたりで採れたものだそうです。

d0031853_10095769.jpg
建物内部は裁判所だった時の様子を再現されてありました。裁判官席の左側にあるガラスケースには当時の判事さんたちの着た法衣が展示してあります。
この場所の窓から見る深い森にはカッコウなどの野鳥が来るそうでした。また、この部屋を出て右手には、漫画家のおおば比呂司さんの展示室があったのですが、あいにく展示入れ替えのため入室禁止になっていて残念。かつてサンデー毎日に連載のとぼけた味のある漫画、時折父が買ってくるので見ていました。

d0031853_10101236.jpg
こちら、北海道神宮の大鳥居です。さびにくい金属でできているのだそう。神社の鳥居は普通南とか東に向いているようですが、ここのはロシアの脅威から守るという意味で北に向いているのだとの事。朝なので東、つまり左手から日光が刺しているのでそれと分かります。また、「神社」と「神宮」では格が違う、というのもここで教えられ、へー、知らなかった、でした。
d0031853_10102563.jpg
こちら、札幌オリンピックで整備された?大倉山ジャンプ競技場。左手にリフトがあり、大人往復500円。ですが、札幌オリンピック当時は横の狭い階段しかなくて、選手たちはなんと40分くらいかけて登ってはジャンプしていたそうです。リフトも最初は1人乗り、今は2人乗り。おかげでジャンプの練習量が飛躍的に伸びたのだとか。当時の「日の丸飛行隊」の選手の皆様、大変なご苦労をされていたのですね。


d0031853_10303348.jpg
こちら、ジャンプ台の上の方へリフトで上がり、展望台から見た風景。ここの素晴らしい所は、札幌の街が一望できるというロケーションだそうです。なるほど。それにしてもジャンプ台の急斜面を目の当たりにすると、ジャンプの選手って、よほどの怖いもの知らずでないとできないと感じました。
 この翌日5日には、高梨沙羅さんら女子のジャンプ競技会があったとニュースで知り、1日違いでざーんねん。



d0031853_10362838.jpg
こちらは北海道みやげNo.1の「白い恋人」のお菓子屋さんが経営しているという「白い恋人パーク」。中国・韓国人含む大勢の観光客でにぎわっていました。ちょうど11時になり、高い塔の根元のところと、正面のテラス、右手のベランダのところに動く人形が出現。場所柄皆さんコックさんの衣装で、正面のところは3人がトランペットを吹いています。また、左手の白いパラソルの向こうの足元には、三匹の子豚たちがそれぞれの家から頭を出す、というものまで、約5分ほどのアトラクション。シャボン玉も3か所くらいからふわーっと出てきて、夢のような世界。小さい子供たちに見せたいです。


d0031853_10110490.jpg
「お昼は何か食べたいものは」とか小原さん。「羊ヶ丘でジンギスカンも食べられます」との言葉に、ジンギスカンは昨晩食べた、というと、では札幌ラーメンで、ということになり、すすきのへ。ちなみに地名で正式にはすすきの、というのはないとの事、通称なんですね。こちら、大通りに面した「寶龍」というお店。入ると著名人の色紙がずらーり。みのもんたさん、梅沢富男さん、舞の海さんなどなど。サインだけではよくわからず、写真も来店の時のを一緒に貼ってあったのでそれと分かりました。

d0031853_10111626.jpg
こちら、一番スタンダードな物で、味噌ラーメン。741円。日頃ラーメンは食べないので、特別ここのがおいしいとも正直、思わなかったのでしたが。暑い夏の日だったので余計に、かもしれません。ほかにギョーザ300円。ただお店の女性がとても感じがよくて、夫が忘れそうになったカバンを注意してくれたり、迎えに来たタクシーの運転手さんに冷たい飲み物のボトルを渡してねぎらってくれたり。






[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-08-06 10:55 | | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 道央の旅 その10 札幌・羊ヶ... 道央の旅 その8 帰り道の小樽... >>