日生のカキ

d0031853_2532231.jpgおなじみ日生(ひなせ)の五味の市。人が一杯。


d0031853_2541436.jpgこの時期お魚はほとんど無くて、あるのは殻つきのカキがほとんど。このざる2杯分のカキ、これで2,000円。夫がお買い上げ。私―(殻もブラシで洗わんといけんし、第一家族で食べるには多すぎるよー)。


d0031853_256122.jpg本当の目的は、牡蠣の入ったお好み焼き、「カキおこ」を食べたいと思って行ったのですが、大体お好み焼き屋さんって、大きい店なんて見たことない。漁師町だから、よけいに路地裏みたいな、家の片隅みたいな店が多くて、こんな風に長蛇の列。だいたい1時間待ち。短気な夫が待ってくれるわけないわ。


d0031853_2582935.jpgというわけで、「カキおこ」にはとうとうありつけず、わが家の夕食は「蒸し牡蠣」。無水鍋で8分間蒸すとちょうどふっくらいい加減、鍋2杯分で満腹、満腹、これがさらに明日も続く・・・・。だってまだあの大袋の半分しか食べてない。

・・・詳しくは今週のメルマガWeekly KURASHIKIに連載中の「Keikoのお出かけ日記」(193)に書きました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-01-16 03:03 | おでかけ | Comments(2)

Commented by pearef07 at 2006-01-16 07:50
私めも“カキおこ”に執着していましたが、たぶん、無理だろ~なと予想して、諦めていましたが、先生の記事で納得・・・。龍野に続いて、次は“竹原”を狙っていますので、私は“お好み焼きを食べます!!
Commented at 2006-01-16 23:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< 会食の献立―急遽、ありあわせですが どんど焼き >>