夫の友人が…

 夫の数少ない友人と会いに行く、と言って出かけたのでしたが、なんとその人が倒れて入院したと、その人の携帯に息子さんらしい人が出て知らせを受けたのだそうです。
 お一人暮らしとはいうものの、自立してなんでもできる人だそうだったで、あちこち誘ってくださって出かけていただけに、夫にとっては大ショックでしょう。

私に栄養学の知識があるかと言われれば、それほど詳しいわけではないけれど、友の会で学んだ「芋・豆・菜っ葉・小魚・海藻」という、取りにくい食品に気を付けてバランスよく食べることには気を付けてきたつもり。また、夫には糖尿病があるので、量を摂りすぎないこと、間食をしないことなどに気を付けているつもりです。
 一人だとついつい、好きなものに偏ったり、丼もののように1点でどかーんと重いものになったり、野菜が少なかったり、間食をしたりと自分に甘くなっていたのでは、と思いました。ICUに入るほどに急に悪くなるということは、やはりそういうことではなかったのか、と思うと、夫に「奥さんがいてよかったね。」
 また、私自身、一人だとどんな食生活になるか分かったものではないこと、夫に食べさせてあげようと思うので一生懸命献立を考えるのではと思うと、夫のおかげで健康に過ごせているのではないかと思い至りました。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-09-05 02:08 | うれしかったこと | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 「正しいパンツのたたみ方」 がんばった1日 >>