神戸の中華街と北野異人館街を行く

d0031853_10113064.jpg偶然思いついて新幹線で神戸へ遊びに行ってきました。交通費および食費は夫のポケットマネーから(家計に響かないのでついていくのも気楽)。
JR元町の駅は、その坂下に中華街があるので、プラットホームに下りるとすぐにいいにおい。
 なんかすごい数のガードマンが出ていました。
 後で知ると、「春節」のお祭り騒ぎだったのでして、すごい人でした。


d0031853_10143630.jpg店先にはおいしそうな点心を中心とした品が山盛りで湯気を立てていて、あっちでもこっちでも容器に入れてもらって食べながら歩いていて、食堂へはいるよりそっちのほうがここのスタイルらしい。
我らもシューマイとか中華風ハンバーガーとかをあちこちで食べながら東へと歩いて行きました。


d0031853_10163166.jpg東西に長い中華街の真ん中の広場ではにぎやかに何かイベントをやっていたけど、二人とも背が低いので頭しか見えず、通過。しかしこの広場の西に、日本で最初に豚まんを売り出したという、いつも行列の有名店があったのだそうで、とっても残念、知らなかったんだもの。


d0031853_1018999.jpgシティループという循環観光バスで北野異人館街へ。


d0031853_1019796.jpgフランス館?だったか、ベビーベッドと


d0031853_10194725.jpg木馬のおもちゃがありました。異国での子育て、西洋人にとっては大変だったことでしょう。


d0031853_10202784.jpg暗い厨房でした。主婦ではなく雇い人の世界だったのかもしれませんが、日本の古い民家とはまったく異質の台所です。お菓子の焼き型だの、ストーブだの。でも主婦としては華やかな表舞台もいいですが、ちょっと興味がありますね。


d0031853_10221742.jpg風見鶏の館は、肝心の風見鶏が直角に向いていて写らなくて残念。
最後の「うろこの館」あたりからは駆け足で、徒歩10分ちょっとの新神戸駅に行き、新幹線で帰ってきました。意外と近い神戸でした。

詳しくはメールマガジン「Weekly KURASHIKI」に連載中の「Keikoのお出かけ日記(196)」に書きました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-02-06 10:29 | おでかけ | Comments(4)

Commented by meg at 2006-02-06 23:56 x
ちょうどいいタイミングで行かれたんですね。にぎやかなほうが、中華街には似合っていますよね。シティループっていうバスができているんですね。あの坂道を上りだけでもバスで行ければ、助かりますね。
Commented by tomochi112 at 2006-02-07 00:34
中華街の豚まんは 『神戸のぶたまんじゅ屋』 と言われていた『老祥記』 だと思います。
とても有名なお店ですよー。
中華街へ行った時に買った焼き豚が美味しかったので、身内が行くときには必ず買ってきてもらいます。
中華街には美味しいものがいっぱいありますね。d(^-^)ネ!
Commented by kurashiki-keiko at 2006-02-07 18:17
meg様、コメントありがとうございます。横浜と長崎の中華街は行きましたけど神戸は初めてでした。にぎやかな春節にいき合わせてよかったです。三宮の駅付近の勾配はたいしたこと無いですけど、北野異人館付近から上の坂はすごく急ですね。
Commented by kurashiki-keiko at 2006-02-07 18:20
tomochi112様、「老祥記」ですか。日本発祥の店というのがあるとはテレビで言っていたのですが、あまりにも店が多かったのと、人も多かったのでどこも行列で、わからなかったんですよ。それにしても詳しいですね。 中華街、混沌とした様子とあのバイタリティがいいですね。また行ってみたいです。

<< 義経の赤い鎧 三世代でも苗字で呼び合える友の会って >>