波音とどろく足摺岬に立って

d0031853_14275269.jpgバスで足摺岬に行ってきました。往復でなんと700km!東京への片道分に相当するそうです。本当に、長い長い行程。お尻が痛くなりました。
でも、マイカーと違い、寝たり起きたり、景色を見たりガイドさんのガイドを聞いたりと勝手にできるのがありがたい。
瀬戸大橋も高いところから見えました。
お客の30人はみんな50代以上、中には80代くらいとお見受けする人も。


d0031853_14302880.jpg岬がはるかかなたに見えていますが、ここに来るまでが長かったし、ここからでも1時間以上かかりました。


d0031853_14313350.jpg清流四万十川、向こうに見えるのは菜の花畑。もう咲いています。あの中村市が、合併によって四万十市になったそうで、合併の期日は17年4月10日と、四万十にかこつけたそうです。


d0031853_14331096.jpg足摺岬の展望台から。灯台の根元のところが四国最南端の場所。火曜日のサスペンスではないですが、自殺の名所だったところだそうです。「ちょっと待て」と言う看板があったそうですが、今は頑丈な柵ができています。


d0031853_14344539.jpg岬のその突端から下を見たところ。こわーい。波がとどろくようにすごい地響きで打ち寄せています。


d0031853_143636.jpgd0031853_14361797.jpg

岬の遊歩道には風に耐えて曲がりくねった幹の椿の群落。でも花はほとんどまだ咲いてなくて、足元にタンポポが少し咲いていました。

詳しくはメールマガジン Weekly KURASHIKIの「Keikoのお出かけ日記」(199)に書きました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-02-26 14:48 | おでかけ | Comments(5)

Commented by tomochi112 at 2006-02-26 20:30
ツアーで行かれたのですか?いいなー。
岬の突端からkeikoさんが写真を撮ったの?
迫力のある画像だけど、こわかったでしょうね。

タンポポ?白いタンポポ初めて見ました。それに背が高い!
わが家の近くに咲いているタンポポはとっても短くて葉っぱは写せないのよ。
Commented by yassy127 at 2006-02-26 21:28
足摺岬は大学生の時始めて訪れた思い出の場所です。
椿園、灯台懐かしく思います。
高知からヘヤピンカーブのドライブでした。
Commented by 文鳥一筋 at 2006-02-27 11:13 x
白は日本古来のタンポポとか。現在日本中で見られる黄色は外来種で白はほとんど見られないそうです。珍しいタンポポの写真有難う。早速保存させていただきます。
Commented by pearef06 at 2006-02-28 18:16
足摺岬懐かしいです。2・3年前に『椿のトンネルを歩く・・』というキャッチフレーズに騙されはるばる行ったら、ほんとに咲いてなくて蕾すらついていないという年に当たってしまいました。
でも、さばの刺身はメチャメチャ美味しかったです。
Commented by kurashiki-keiko at 2006-03-05 00:54
ほんとうにはるばると言う言葉がぴったりの遠さでした。
岬の道は昔に比べるとだいぶ広がっているそうです。
椿のトンネルというのは、木は確かでしたが、花はまださっぱりでした。
さばの刺身なんて、出なくて料理はまあまあでした。

<< おひな様パレードの表町と春の後楽園祭 味噌作り >>