孫も3歳に

d0031853_0352214.jpg孫が生まれたのは、3年前の3月30日で、桜の開花日だったような気がします。日曜の午後2時ごろの出産で、双方の祖父母も今か今かと待って、誕生の直後のこんな写真が撮れるほどにすぐ対面させてもらえて感動しました。


d0031853_052548.jpgこの子は生まれた日が桜の開花、産院からの退院の日が満開だったため、桜にちなんだ名前になりました。
今年も桜の開花宣言がされ、無事元気に育って3歳を迎えることができて感謝です。
 写真は姫路城の桜で、2004年4月のお出かけ日記に使ったものです。


d0031853_0572042.jpgこのごろはお箸も上手に使えるようになって、どんどん発達していてうれしい限りです。
 娘が、仕事が面白くて、しかも自分自身が子供だから2人目はいらないなどと言うので、心配しています。
 私の母、私、そして娘と珍しく3代続いての女・男・男の3人兄弟。娘の子供は1人だけというのは、いかにもさみしいことです。子供が2人よりも3人だと、子供同士の相手ができて家族の中での社会ができると感じていました。子犬がじゃれあうように弟同士が遊ぶのがとても面白かったし、今も兄弟で出かけたり相談したりする様子が頼もしく思います。
 このごろは少子化で一人っ子も珍しくありませんが、子供自身のことを思うと、兄弟はぜひいたほうがいいと思います。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-03-31 01:11 | 感動したこと | Comments(1)

Commented by カラカラ at 2006-03-31 09:22 x
お孫さん 可愛いですぅ~
カラカラも早く孫が欲しいです。
娘たちは結婚の気配すらありません。
もし還暦になっても孫がいなかったら悲しいです。
そのときは「赤いちゃんちゃんこ」なんて着ません。

<< 春の陽にユキヤナギ満開 家族新聞「あじさい通信」107... >>