熟女7人、倉敷美観地区を行く

d0031853_1462735.jpg

 はしまや呉服店の前あたりから撮影開始。デジカメ撮影会です。寒い風で暖簾が揺れます。


d0031853_1485419.jpg

古本屋の「蟲文庫」さんの郵便受け。こんな遊び心のあるものだったなんて、メンバーに教えられるまで気づかなかった。
蟲文庫さんは女性経営者で、ホームページも素敵です。


d0031853_1511941.jpg

 ふと気づくと、この日デビューの観光川舟、乗っているのはRSKテレビクルー。カメラマンが船頭さんにカメラを構えています。


d0031853_1523634.jpg

 この中橋の「橋」の字、ちょっと違う。意味のある違い方なんだそうです。物知りのメンバーに言われるまで気づかなかった。やっぱり年の功。


d0031853_1541724.jpg

川舟の船着場です。一般は300円で乗せて貰えるとのこと。ここが中央部ですから、ここから下って上って、大原美術館のある今橋前で折り返してくると川からの景色が楽しめそう。


d0031853_1555788.jpg

寒くて、早くレストランで暖まりたいと思った日でした。4月21日というのに、今年は寒いです。


d0031853_1564918.jpg

倉敷アイビースクエアの和食堂「蔦」にて、1日限定20食ということなので、お値打ち感があります。このほかにすき焼きの小さなお鍋が付きます。税込み1,575円。

詳しくはメールマガジン「WeeklyKURASHIKI」に連載の「Keikoのお出かけ日記(207)」に書いています。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-04-23 01:59 | うれしかったこと | Comments(3)

Commented by yassy127 at 2006-04-23 19:05
くらしきのよさを再認識させていただきました。
写真と一緒の紹介というのはわかりやすいですね。
Commented by kurashiki-keiko at 2006-04-26 00:10
yassy様、コメントありがとうございました。地元にいてよく知っているはずの所でも、指摘されるまで気づかずに通り過ぎていることってあるものですね。再認識しました。
Commented by hisako at 2006-04-27 20:17 x
福井県なので里帰りは、年に1度。今度帰ったときには、倉敷をぶらぶら
したくなりました。そういえば、実家も郡から倉敷市になったとか、、、

<< 家族新聞「あじさい通信」108... 孫と一緒にとっとり花回廊へ >>