鯉が窪湿原(岡山県新見市哲西町矢田矢田谷)

d0031853_018312.jpg

 暑かったですが、夫がテレビで見て、ぜひ行ってみたいというので、鯉が窪湿原に行ってきました。お出かけ日記の材料に。
 倉敷からだと、全行程が約106km、倉敷インターから岡山道、北房ジャンクションから中国縦貫道へ入り、大佐サービスエリアで昼食。ここは岡山プラザホテル経営のレストランが入っていてメニューも豊富。「ふるさと定食」850円では、炊き込みご飯、豚汁、キスの天ぷらなど。
サービスカウンターで地図をもらうと、新見インターからだと22km、その次の広島県の東城インターからだと9kmと言うので、東城インターまで行って9km一般道を引き返しました。
  管理棟が以前行ったときの小屋に比べ、立派になっていて驚きました。入場料200円を払って入ると・・・


オグラセンノウ              サワギキョウ          ジュンサイ
d0031853_0231511.jpgd0031853_0235147.jpgd0031853_024835.jpg


コバギボウシ               ビッチュウフウロ         ヒツジグサ
d0031853_0513448.jpgd0031853_0515237.jpgd0031853_052978.jpg


エゾミソハギ                クサレダマ            サギソウ
d0031853_053820.jpgd0031853_0532851.jpgd0031853_0534645.jpg







 この中にはかつて大陸と地続きであった頃のなごりで、ここ鯉が窪と北九州と朝鮮北部にだけある貴重な植物もあるそうです。山野草として掘り取っていって我が物としたり、商売にするなどもってのほか。大切に、この場所に来て探して鑑賞してもらいたいものだと思います。



d0031853_0551055.jpg

湿原というだけあって、ため池の周り2,4kmほどを1時間半かけてゆっくり歩きました。木立の間からヒグラシのなんともいえないカナカナという声が聞こえてきて、同じセミの仲間でもアブラゼミみたいな暑苦しい声と違い、優雅でした。
コースの半分ほどは、このような木道になっていて整備されています。


d0031853_0581454.jpg

1号橋から9号橋までだったか、池の周りをこのような橋を渡りながらいくと、上のような様々な野草が咲いていました。


中国縦貫道の東城インターまでの帰り道に 、若山牧水の歌碑があると聞いて立ち寄りました。牧水が早稲田の学生だった頃、宮崎の郷里に帰省する途中に旅してこのあたりで詠んだのが、あの有名な「幾山河 越え去りゆかば さびしさの はてなむ国ぞ けふも旅ゆく」だったとは、初めて知り、まさか岡山県だったとは、とびっくりでした。奥さんと、息子さん親子3人の歌碑がありました。
d0031853_14099.jpgd0031853_151215.jpg









この日の様子は、メールマガジンWeekly KURASHIKIに、「Keikoのお出かけ日記(218)鯉が窪湿原・・」として書きました。よかったら上記リンク画面でメルマガ配信登録できます。


[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-07-30 00:53 | おでかけ | Comments(9)

Commented by mayaha at 2006-07-30 10:56
keikoさん 初めまして、早速伺いました ヽ(^0^)ノ もうサギソウも咲いているのですね~是非行ってみたいと思っているのですよ~
Commented by pearef07 at 2006-07-30 15:35 x
(-"-) こういった場所は一人では行けないので、先生の記事で我慢します・・・。
Commented by yassy127 at 2006-07-30 16:46
昨年哲西のこの公園によりました。
若山牧水の歌碑、奥さん息子さんの歌碑などを見て回りましたので、
とても懐かしく拝見しました。
鯉が窪湿原がここから近いと知りながら寄れなかったのが残念でなりません。
山野草がたくさん見られていいところですね。
Commented by macky_work at 2006-07-30 17:13
私も去年、はじめて行きました。
ぐるり一周、散策を楽しみましたが、その時は奥のほうの遊歩道は
草刈りなどがされてなく、ほかの観光客が歩いた跡も見られなかったので、
結局すべてを見て歩けず残念に思って帰った覚えがあります。
ここには貴重な種の植物がたくさんあるけれど、同時に外来種に存続を
脅かされてもいますよね。。
こうして自然に親しませてもらった分、私たちは生まれつきの自然と仲良く
していく努力をしなければ。
Commented by myobento at 2006-07-30 20:22
keikoさんもご夫婦でお出かけだったんですね。夫婦で出かける時間を楽しめるのはいいですよね。私もありがたいと思っています。
鯉が窪湿原、涼しそうなよいところですね。森林浴にもなったことでしょう。ヒグラシの声、ずいぶん長いこと聞いていません。聞きたいなぁ。
Commented by miyakeoriibu at 2006-07-30 21:36
鯉が窪湿原 名前はよく聞いていましたが、大変珍しい植物があるのですね。keiko様のブログの写真を主人に見せたところ、是非行ってみようということになりました。今の時期をはずすと駄目なのかな?
Commented by kurashiki-keiko at 2006-07-31 04:52
mayaha様、peare07様、Yassy127様、macky_work様、myobento様、miyakeoriibu様、コメントありがとうございました。
実は、サギソウは写真の1個体だけ見かけました。まだこれから、だそうでした。
この記事の1行目のリンクの所から、新見市観光の鯉が窪湿原の花の時期の一覧が見えます。それによると、7月8月ごろが花の種類が多く見られる時期のようです。
 写真のように、特に拡大してみますと一杯咲いているように見えますが、広い湿原の中で目を皿のようにしてしっかり見ないと見つけられないものもあります。
 私は2度目でしたが、前回は子供連れの若い10人ぐらいのグループがいました。今回は中高年夫婦5,6組を見かけました。やはり好きな人が来るわけで、皆さん静かに自然を満喫しておられるご様子でした。
 行ったときは蚊に刺されることもなく、時折バッタのようなのが跳ねていたくらいでした。マムシに注意とありましたが、蛇を見ることもありませんでした。ヒグラシの姿を見たいなと思い、何度も目を凝らして見上げましたが、鳴き声だけでした。
Commented by aturin88 at 2006-07-31 09:45
岡山にこんな湿原があるのですか~?
此方からだとやはり遠い~!
本州の西の端ですから・・・大佐は良く聞きますが・・・。
こんなお花に会えるのなら、行きたくなりますよ(^^)
Commented by e_8667354 at 2006-08-01 00:48
こんばんは
ここはお住まいから近いのでしょうか?
いいですね、四季折々の花が楽しめそうですね。
花の名前は同定するのが難しいですが、
公園や植物園ですと名札がついているので一緒に撮してきます。
あとで詳しく調べることが出来ますしね。
近くなら私も是非出かけて見たいです。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< うさぎも「あ”ぢ”~」 鶏肉のはちみつ煮とモロヘイヤの... >>