お寿司を作りました

d0031853_12511873.jpg先日、日生漁協で山盛り買ったあなごとエビを入れてお寿司を作りました。
 ここ岡山県ではよく「岡山寿司」とか「バラ寿司」といか言われますが、私たちは普通にお寿司というと、このバラ寿司を指します。
暑い季節なので、いつも入れる酢魚などの魚介類は入れず、焼いたアナゴと先のエビだけで、かんぴょう、牛蒡、人参、たけのこの煮たの、しいたけ、錦糸卵、絹さや、それに既製品ですが紅ショウガです。
 ほかのおかずは、例の男前豆腐の「豆腐屋ジョニー」とオクラです。
初ETC、日生漁港の五味の市へ
バラ寿司
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-08-04 12:55 | 料理 | Comments(6)

Commented by neko_pen at 2006-08-04 22:08
ETC最初はちょっとドギマギしますね。
新鮮なお魚が手に入るのですね。おいしそうで豪華なお寿司に
なりました。
アジのマリネ、私も好きですが、小さなアジの、ぜいごをとったり、お腹を出したり・・・食べるのにかける時間と作る手間の差を思うと、尻込みしてしまいますね・・・
Commented by ayhk at 2006-08-05 09:36
TBコメントありがとうございました。
こちらもTBさせて頂きました。
こちらの寿司は良く似たレシピだと思います。私の母も良く作ってくれました。
日生は大阪にいた頃良く瀬戸内の魚を食べに行きました。
五味の市でシャコや牡蠣を買って帰りました。ガンゾウ茶漬けが好きなので
日生の街でガンゾウがあれば買って帰りました。
Commented by miyakeoriibu at 2006-08-05 16:07
私はお寿司(ばら寿司)をよく作ります。今の時期は、蒲焼にしたうなぎを小さく切って混ぜます。酢魚の代わりにうなぎを入れるのです。ごぼう・かんぴょう・しいたけなど。上に錦糸卵・高野・いんげん(家の畑にある)・えびをはります。舅が最後に入院する前に、「○○さんの寿司がもう一度食べたい。」と言い、急いで作りました。食欲のなかった舅ですが、お皿いっぱい食べました。自分では、食べられなくて、主人が食べさせました。次の日入院し、帰らぬ人となりました。お寿司といえば、常に思い出します。
Commented by kurashiki-keiko at 2006-08-05 17:59
neko-pen様、コメントありがとうございました。大量に買ったので焼いて冷凍しておき、時間があるときに豪華にお寿司に入れました。
Commented by kurashiki-keiko at 2006-08-05 18:00
ayhk様、コメントありがとうございました。大阪方面の人は日生にはよくいらっしゃるようですね。
Commented by kurashiki-keiko at 2006-08-05 18:03
miyakeoriibu様、さすがに暑い時期は酢魚は怖いからうちも焼いたアナゴです。なくなったお舅さんの最後の食べ物となったとは、思いも深いことでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 「大きくなれよぉ」 今の「楽(らく)」より今の「最... >>