夏野菜のカレー

以前1度だけ作って、カレーにしてはあっさりしていておいしかったので、また作ってみました。
レシピはこの前ドライカレーを作ったのをちょっとだけ応用したものです。どこかの本にあるかなと思ったのですが、レシピは見つからなかったので、今回は自己流です。
お昼の外出前に、付け合せの甘酢漬けの野菜を切って塩をしておきました。

ドライカレーのときにきゅうりのピクルスとチャツネも作ったので、それを使ってこくを出しました。
d0031853_2142294.jpg1.鶏もも肉2枚は2~3cm角に切り、塩小さじ1、カレー粉大さじ1、小麦粉大さじ2をまぶしておく。
2.たまねぎ大2個は粗みじん切り。にんにく、しょうが1かけはみじん切り。
3.トマト大2個は湯むきして3cm角くらいに切る。
4.なす2本、ピーマン2個、いんげん6,7本も同じ位の大きさに切る。
5.厚手の鍋にマーガリン大さじ2くらい入れて、たまねぎ、にんにく、しょうがをたまねぎが透き通るまで炒める。
6.鶏肉を入れて炒め、大体表面が炒められたらなす、いんげん、トマトも入れ、一通り炒めてから水をカップ半分くらい入れてからローリエをいれ、ふたをし、蒸し煮にする。
7.途中できゅうりのピクルスの粗みじん切りと、チャツネ大さじ2杯を入れる。
味を見て塩小さじ2分の1、しょう油小さじ1くらい入れて隠し味に。

煮込むと野菜から水分が出てかなりさらさらしてきます。なすがしんなり火が通るまで煮ます。
6~8人前くらいでしょうか。
野菜の甘酢漬けを添えます。

  チャツネの作り方
りんご1個、生姜1かけ、にんにく(好みで)1片、レーズン2分の1カップ、黒砂糖1カップ、
酢150cc、塩小さじ4分の1、チリパウダーまたは粉唐辛子少々
りんごは芯を取っていちょう切り。生姜、にんにくは薄切り、レーズンはぬるま湯でもどしておく。
材料を全て混ぜ合わせ、弱火で汁気がなくなるまで約1時間煮ます。1ヶ月くらい置くと味がなじんできます。常温で1年以上置けます。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-09-08 21:58 | 外食 | Comments(3)

Commented by yassy127 at 2006-09-08 23:37
夏にはもってこいのおいしそうな料理ですね。
きれいな色といい、野菜たっぷりなところといい、
健康食品の見本のようですね。
私もいつか食べるだけの人になってみたいです。
こんなおいしい食事を供してくれるおくさんがほしい。
Commented by kurashiki-keiko at 2006-09-09 03:26
Yassy様久久のコメントありがとうございました。もうちょっと早く畑にいっぱいなっているころの献立だったかなあと思いますが、たくさんの野菜が食べられました。
私も忙しいときはおくさんがほしいなんて思いますよね。
Commented by 文鳥 at 2006-09-09 16:03 x
疲れたとき、食欲の無い時はあっさりしたカレーが一番ですよね。チャツネは入れるとコクがでるのですか?今度作ってカレーの時に入れてみます。ニンニク大好きなので・・・・

<< うみがめの来る海岸―徳島県美波... 老化現象の一つ >>