公園掃除でご近所と情報交換

 10日の日曜日午前は8時から町内の公園の掃除。町内会ブロックごとに年に2回の奉仕作業とはいうものの、皆さんの交歓の場でもありわいわいとにぎやか。我が家も子供が小学生のころ家を建てて引っ越してからもう20年近く経つので、すっかり溶け込んでだれかれなく話しかけては草取りしながら楽しく話。昨夜の雨で土はやわらかく、日差しもないのでこの時期にしては楽。
 最初に話したのは、三越のあった倉敷駅西ビルにテナントを持っていた奥さん。何でも、店は閉めていても機械を動かしていないと、いざ再開と言うときにまた莫大なお金がかかるので、たとえば給水タンクなどは水をためては放水するのを繰り返しているのだそうです。早く某地元デパートにでも入ってもらって、駅前の賑わいを取り戻してもらいたいわ、とため息混じりに話され、私も深くうなずいていました。一家の生活がかかっている人もいるのです。d0031853_21403664.gif
 次は、我が家のすぐそばに入った若い家庭の奥さん。いつもその周りの2,3軒の子供たちが一緒になってにぎやかに遊んでいて、時々我が家の塀の中に「場外ホームラン」が飛び込んでくるので「ボールとらしてください」ときちんと断ってきます。「いつもお騒がせしてすみませんね」d0031853_21421276.gifと言われるので、「私も子育てしてきたんですから、なんとも思っていませんよ。それより、我が家の外で遊んでくれていると、泥棒よけになって逆に助かりますから」と申し上げておきました。
うちのおばあちゃんは良くその子供たちに「おーおー、元気がいいね。なにしてるの?」等と話しかけていますが、私はシャイなので(?)どう話しかけていいかわからず、愛想のないオバサンだと思われているかもしれないので、こんなときにお母さんと話ができてとても良かったです。
 
 「おばあちゃん、お元気ですね、いくつですか?」「86歳ですけど、いずれはあんたの世話になるからと、出来る事は自分でするからと、頑張って、鍋を焦がしながらも自分で炊事したり、散歩を朝晩したりしているんですよ。」というと、ご近所さんも「いつも姿勢よく歩かれていますね」なとどお褒めいただく。おかげで私も安心して外へ出て行けて大助かりなのですよ。年寄りにとってはこういう場は安否確認でもあるのですね。d0031853_2143850.gif
 というわけで、1時間ほどの間に普段会わない、会えない、話もできないご近所さんと久しぶりに話ができて有意義な公園掃除だったのでした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-09-11 21:36 | 日常 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 大根と小松菜の種を撒きました。 夫婦仲良く >>