似合う色

 学生時代は黄色が好きでした。周囲の人がたとえばブルーでも赤でも、黄色だと割合調和しそうな色に思えたからでした。色のうちでも明るく目立つのもいいと思って、黄色の服が多かったのです。
 結婚すると、夫がなぜか茶色の英国調を好んで、高いのに奮発して買ってくれました。物はもちろんいいので、何年もそれを着ていて、シックだからそれはそれでよかったのです。
 インターネットを始めてメールマガジンをみていたら、カラーコーディネーターの作るメルマガがあり、それを取りはじめて初めてわかったことは、私は茶色が似合わないこと、似合うのはピンクやブルーグリーンだということでした。
 そういえば、デパートでまだ売り始めのコートがいろいろな色があったとき、赤だの黒だの緑だのを着てみて店員さんに見てもらったら、一番肌の色をきれいに見せるのは、ブルーがかったグリーンのコートだったのです。
 そして、意外や、黄色味を帯びた色は似合わないということでした。
 それ以来、少しずつ黄色の服は友愛セールなどに出して処分し、似合う色を集めるようにしました。今、初秋に向って引き出しを見ると、見事に色見本みたいに、薄いピンクから青みがかった紫、ブルーグリーンなどの色の服が並んでいます。
 今日は口紅も今までの黄色味のあるピンクではなく、ルビー色、つまりすこし青みがかったピンクを買ってみました。この色はこれまで買ったことがなかったなと思います。
 少し年をとると、華やかな色の口紅をつけると顔色がよく見えるようです。ついつい控えめになりがちですが、口紅に負けないように活動的になろう、と思えるから不思議です。
 
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-09-15 01:00 | 日常 | Comments(4)

Commented by nobunobu_ok at 2006-09-15 02:12
似合う色の洋服を着て,ルビー色の口紅をさしたkeiko さんの姿を想像しながら今お風呂にはいてきました。明日・いや、もう今日かな?お会いするのを楽しみにしてやすみます。おやすみなさい!
Commented by neko_pen at 2006-09-16 17:35
似合う色と、好きな色は違うんだ、と気づいたのは私も、コーディネーターの人から、色を学んだときでした。
普段はあまり目立たない色を、ついつい無難な着こなしで済ませてしまうものですが、この頃、自分で作る洋服は、思い切った色も
たまには使います。
↓いまどき珍しい行為?をする人が、ハイブリットカーに・・・
それは許せませんね!
コーラス、私も長くしていました。中学生のころから、最後はママ
さんコーラスまで^^歌うのは楽しいです。みんなでハモルのも。
Commented by kurashiki-keiko at 2006-09-16 23:45
nobunobu_ok様コメントありがとうございました。派手目なのは口紅のみ、服装は地味でしたでしょう。
Commented by kurashiki-keiko at 2006-09-16 23:47
neko_pen様コメントありがとうございました。自分では似合う色は意外とわからないものですが、やっとわかってきました。派手目な色を身につけるときは小心者なので内心ドキドキしますが、似合わない色よりはずっと安心できるはずなんですね。
 コーラス、同好の士だったんですね。みんなでハモるのが最高です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 孫の参観日―「敬老」にはちょっ... 驚いた・・・ハイブリッドカーか... >>