ささやかな敬老の日

d0031853_203446.jpg先日、日生で買ったアナゴが15匹くらいあったのを使って、バラ寿司を作りました。ご飯と同量くらい野菜が入っています。
 中に入れた具はかんぴょう、ごぼう、人参、たけのこを一緒に煮たもの、酢蓮根、アナゴ、合わせ酢のなかにはかまあげのじゃこ。上に飾ったのは、錦糸卵、酢蓮根、椎茸甘煮、エビ、絹さや、ママカリの酢漬け。(あっ、紅生姜を忘れていました)
 それにレタスの甘味噌和えと、お豆腐と三つ葉のお澄まし。(写真はお澄ましがまだ入っていません)
 いつもは自分で料理するおばあちゃんも今夜は何もしなくていいからと言っておくと、その時間に手紙の下書きを書いていたそうです。86歳、まだまだ元気です。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-09-18 20:42 | 外食 | Comments(4)

Commented by nobunobu_ok at 2006-09-19 02:05
そういえば、今日は「敬老の日」でしたね。我が家では、私たちの「誕生日」と「父・母の日」にはいろんな形で祝ってくれるのですが、「敬老の日」には、この年になっても一度も祝ってくれたことはありません。これはこどもたちの思いやりなのだなと感謝しています。
Commented by kurashiki-keiko at 2006-09-19 02:55
nobunobu_ok様、なるほどね。うちの姑はもう86歳ですから、ささやかでも敬老の日に何かしないと物足りないようです。しかし実家の母は色々と趣味も多彩だしあまり敬老と言うムードではないので何もしませんでした。
Commented by yassy127 at 2006-09-19 06:54
お元気なお姑様とお付き合いできることは幸せですね。
keiko様のタイムリーなお心遣いきっと喜んでおられることでしょう。
おいしそうな食卓で喜ばれている義母さまのお顔が目に浮かぶようです。
Commented by kurashiki-keiko at 2006-09-20 03:37
yassy様、元気を保てるように非常な努力を払う人です。
もはや着る物もそれほど必要でなさそうなので、好きなお寿司でもこしらえてあげることで、ひと時楽しい食卓につけることがいいと思いました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< これは何の花? 孫の参観日―「敬老」にはちょっ... >>