わが家の定番朝ごはん―作り置きしておくミネストローネ


私は宵っ張りの朝寝坊、朝は極力不精したい、でも野菜はしっかり摂りたいというので、3日分くらいのミネストローネをまとめ作りします。

d0031853_1112714.jpg材料:4人前×3日分くらい。
茹で大豆(1袋300gに水1リットルを入れて一晩置いておき、圧力鍋で12分くらい煮て汁ごと4分割して冷凍しておいたもの)煮汁と共で300gくらい、人参大1本、キャベツ大4枚くらい、じゃがいも大なら4個くらい、セロリ2本、玉ねぎ1個、ベーコン3枚くらい、ローリエ、カットトマト1缶

d0031853_1141518.jpg材料はすべて1cmから7mm各くらいにカットします。

d0031853_1145488.jpg材料が多いので底面積の広い鍋で、オリーブオイル大さじ3くらいで玉ねぎとベーコンから炒めていきます。

d0031853_1154350.jpgじゃがいも、人参を加えて・・・・

d0031853_1115327.jpg残りのキャベツ、セロリ、シメジを加え弱火で10分くらい蒸し煮し、水2カップくらい(保存のために水分は少なめ)を入れ、凍ったままの大豆は塊で入れ、固形スープ3個、トマト缶、ローリエ、塩小さじ3(食べるときにお湯で薄めるため多めです)を入れて・・・

d0031853_11154266.jpgこんな感じになります。このままじゃがいもが柔らかくなるまで煮るのですが・・・

d0031853_118566.jpgd0031853_1191097.jpgこの段階までで約30分。わが家は友の会の登録商標「鍋帽子」の中にこっぽりと入れて、半日置いておきます。これで保温しながらじっくりと味がしみてやわらかくなっています。


これを半日後くらいに保存容器に入れて冷蔵保存しておきます。
朝、食べるときはお玉に山盛り1杯が1人前として、お湯で薄めて温め、たんぱく質を摂るために卵をちらします(これは本物のミネストローネとは違いますが)。
これがわが家の寒い季節の朝ごはんのメインの野菜となり、あとはトーストとカフェオレまたは牛乳、果物です。
ミネストローネの豆はほんとうは白いんげんですが、手に入りにくいことと、大豆のほうが食物繊維や栄養素が多いので、わが家は大豆にしています。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-11-17 11:13 | 外食 | Comments(1)

Commented by miduki0902 at 2006-11-19 00:34
このメニュー、頂きっです。
美味しそう、卵は私も入れてみたいな。

<< 潮の満ち引き あるお葬式 >>