食品成分表を購入

久しぶりにイオン倉敷ショッピングセンターへ出かけてきました。
寒い時期、広々としたセンター内は予想通り若い人たちで一杯で、ワーンと騒音がしているみたい。店内はクリスマスのムードがそろそろで、星型の紙のオーナメントを七夕の短冊みたいに吊り下げていました。恋愛のお願いが多い中に、「クラスが学級崩壊しませんように」と言うお願いがあって、なんだか深刻だなあと思ってみてしまいました。

 そしていつものとおり、本屋で立ち読み。パソコン年賀状の本も見たのですがどうも目移りして買えませんでした。
買ったのは・・・・
d0031853_1711595.jpg前々から買い換えないと、と思っていたこの「食品成分表」です。目に付いたので。
以前のが9年前で、倍の大きさになっていてびっくりでした。
単品の食品成分、と言っても近頃は肉ならどこの部位の肉で皮下脂肪つきと皮下脂肪抜きの物やら、そして成分もより詳しい内訳。
巻末にも日本人の栄養、世界の食糧事情、調味の割合、などなど。私は別に栄養士でもなんでもないですが、時に食品の栄養価だの、ある栄養素を多く含む食品が知りたくなったりすることがあるもので、手元に1冊、新しいのがずっとほしかったのでした。成分分析の技術の発達と、知りたい情報量が増えているのだなあと思います。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-11-23 17:11 | おでかけ | Comments(1)

Commented by lionmidori at 2006-11-26 01:20
なつかし~、食品成分表。使っていたのいったいいつ、出版されたのだったかな、と思ってしまいました。もっと小さい判だったように思います。色は同じようですが。現在、原材料の小さい印刷や、原産国をしっかりみる、というのを心がけてます。(イギリスの野菜は輸入物が多いので。)

<< 吉田拓郎とかぐや姫のつま恋コン... 家族新聞「あじさい通信」115... >>