母の日の花

d0031853_1621624.jpg
 突然娘一家が来てくれました。母の日の花を持って。
 カ-ドには、「お母さん、ヨメに行ってからもいろいろ面倒見てくれてありがとう。いざという時、役立つアドバイスにいつも助けられています。これからも病気などしないよう、のんびり楽しく生活していって下さい。お父さんと仲良くね。」

 ・・・いつも突然やって来てお昼を食べ、安心するのか孫が起きていても昼寝して、その間私が子守。「来る者は拒まず」だけど、忙しいと言っても「お手間は取らせないようにするから」とやって来る。へぇ~少しは私も「役立つアドバイス」してたのかなあと思いました。
 写真はそのお花とガ-ドレ-ルの隙間にえぐり取られていた夫の車のドアの一部(笑)です。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2005-05-07 16:21 | うれしかったこと | Comments(2)

Commented by necomaru1 at 2005-05-10 09:22
娘さんはいいですね。息子も優しくないわけではないけど心遣いが違いますよね。それでも母の日、こどもの日、誕生日、年寄りの日といろいろあるから娘さん(わが家はお嫁さん)も大変ですね。
Commented by keiko at 2005-05-12 15:11 x
nekomaruさん、お宅の息子さんは優しいのでしょうか、うちのはさっぱりその辺気がつかなくて。お嫁さんをもらったら違うのでしょうかね。 にしても、「母の日」「敬老の日」(「老」だなんてまだ思いたくはないですけど)など、その日にニュースなどで流れると、気を遣わなくてはいけないのかな、というプレッシャーを子供たちに与えそうですね。いつでもいいから気使いしてくれる日が敬老の日だよ、というのが姑の持論ですけど。

<< 倉敷三越の閉店 夫の車、ガ-ドレ-ルに引っ掛かる >>