下津井、鷲羽山


10日(日)午後、あまり時間もなかったので近場の下津井へ行ってみました。「むかし下津井回船問屋」の駐車場の所のフェンスにこんな絵地図がありました。
d0031853_1723187.jpg


d0031853_175753.jpg


手作りの海産物販売の屋台です。いつもはこのそばにおばあさんが店番をしているのですが。

d0031853_1755679.jpg


下津井は暖かいので、アロエの花がこんなに沢山咲いていました。

d0031853_1772582.jpg

d0031853_1710692.jpg昔の台所が復元されていますが、いつごろのものでしょう。水がめがあり、木の立ち流しです。田舎の祖父母の家ではそういえば私の幼稚園の頃まではおくどを使っていましたし、水道もなくて井戸端から水を汲んできていました。

d0031853_17115757.jpg

むかし下津井回船問屋の中庭です。この左手に売店があり、夫の目的の品があります。そして・・・

d0031853_17125292.jpg

そこの中庭に面した民家の2階にはこんなものが宣伝にぶら下がっています。おおだこの干物は1匹2,000円から5,000円位するものもあり、年末がシーズンですが、何しろ高い。

d0031853_17141153.jpg夫が売店で買うのはいつもこれ。タコの干物の袋入り。
こっちのほうが値段が安くて手ごろ。ここしか売ってないというのです。

帰りに、鷲羽山の展望台へ行き、レストハウスで休憩。日が落ちだして、この時期は空気も澄んでいて四国の讃岐富士もきれいに見えました。ここ3日ほどは天気がよくなかったので、いい天気でよかったです。
 そして、瀬戸内三橋というけれど、やっぱり「地元の瀬戸大橋が一番だね」と話しました。
d0031853_1717314.jpg

詳しくはメールマガジン「Weekly KURASHIKI」に連載中の「Keikoのお出かけ日記(232)」として後日配信されます。よかったらまぐまぐまたは「倉敷どっとと」のこちらから申し込んでください。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-12-11 17:17 | おでかけ | Comments(8)

Commented by yassy127 at 2006-12-11 19:45
瀬戸大橋と瀬戸内海きれいな映像ですね。
水面の輝きがとても美しいと思います。
さすが国立公園ですね。
Commented by miyakeoriibu at 2006-12-11 22:03
遠くまで出かけなくても見るところが色々ありますね。鷲羽山には何度も行ったことがありますが、回船問屋のことは知りませんでした。
Commented by macky_work at 2006-12-12 16:27
えへへ、今更ながらメールマガジンに登録させていただきました。
地元の情報、楽しみにさせていただきます^^。
下津井にこんな風情のあるところがあったのですね。
土間のある家は親戚宅にもなくて、こうした場所を訪れた時に拝見する
のみなのですが、木製の立ち流しだけはいまだ出合った事がないですよ。
一度カメラ携えて訪れてみましょう。オットにも推薦します♪
Commented by yochy.1962 at 2006-12-13 00:40
とても恥ずかしい話なのかもしれませんが、アロエの花って初めて見ました。いや、ウチの会社にあるアロエは、3年くらいいる(ある、か)はずなのに、一度も花なんか咲かせないんで、アロエって花咲かさない、あるいは全然目立たない花しか咲かさない、なんて勝手に思っていました。とんだところに落とし穴が。
Commented by kurashiki-keiko at 2006-12-13 15:48
yassy様、瀬戸内海はかすむことが多いので遠くの景色が見えて、海面がきれいだととても得した気持ちです。
Commented by kurashiki-keiko at 2006-12-13 15:49
miyakeoriibu様、廻船問屋は生活雑器が置いてあるので、昔の生活を思い出して懐かしい気がします。よかったらまた是非行ってみたらいかがでしょうか。
Commented by kurashiki-keiko at 2006-12-13 15:51
mackiy_work様、祖父母が元気だった頃には田舎の家もこんな風に表から奥までの土間でつながった農家の構造でした。よかったらまた行って見られてはいかがでしょう。
Commented by kurashiki-keiko at 2006-12-13 15:53
yochy.1962様、これだけの大株だから、なのかもしれませんが、私もこれほど沢山の花を露地でつけているのは初めて見ました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 豆の苗植え替え 義兄去り孫が来る >>