中庄の「マリア」でランチ

夕食会
 中庄のイタリアンレストラン「マリア」でランチしてきました。娘が「おいしい」と推薦していて、ねこまるさん(上記トラックバック)も夕食のおいしそうな写真をブログで紹介してくださっていたので気になっていたのです。

お店外観です。              駐車場は同じ通りの斜めはるか向かいにあります。
d0031853_1628454.jpgd0031853_16262218.jpg

注文したのは日替わりランチの”C”、ホタテと青菜のパスタです。ミニカップのスープとフランスパン、コーヒーか紅茶がついて900円。デザートが付くと200円プラスです。きょうはグレープフルーツのババロアと牛乳のジェラートだそうで、注文しました。
大根のポタージュ                 ホタテと青菜のパスタ    d0031853_16323889.jpg d0031853_16325642.jpg

ジェラートとグレープフルーツのババロア          コーヒーd0031853_16343562.jpgd0031853_16345352.jpg

お昼時、駐車場は行ったときには先客は1台だけでしたが、帰りはだいぶ止まっていました。店内は7,8割の入り、平日なので女性客がほとんどでカップルが3組くらいか。カウンターの上の黒板にはおいしそうな手の込んだディナーのメニューがずらり。下津井タコやワタリガニなんかも食材にありました。ランチに来ているお客にディナーをアピール、ということでしょうね。
最初に出てきた小さなカップの「大根のポタージュ」。へぇー、大根でスープなんて考えもしなかった。ほのかに甘いのは何でだろう?おいしかったです。パスタはなるべくあっさり目のをと選びました。青菜は何だろう。小松菜の若いのの茎?ぽいのがシャリシャリした歯ごたえ。貝柱はフォークに絡まないので後でスプーンですくって。
 パンは写真を忘れましたが、カリカリに焼いてあって、オリーブオイルにバルサミコ酢をたらしたのをつけて食べるのが意外にいけました。necomaruさんの写真と一緒です。
 デザートはジェラートもあっさりして冷たくておいしくて、グレープフルーツもほのかな苦味とまったりとしたババロア、ババロア好きな私、そういえばババロア、長いこと食べてなかったのでおいしかったです。
しかし、相方がピザが大好きなので、ここはパスタしかないの?と少ーし不満気。あと、アルデンテかもしれないけど、私はもう少しやわらかめに茹でた方が・・・。あと、小さめのテーブル、2人向かい合わせの席が並んでいるのですが、両隣に若いカップルが来て、そちらの会話がちょっと気になって。奥の方の大き目のテーブルにグループで入るとそれは気にならなかったかもしれないけれど。
 もう1つ。コーヒーカップのふちがすごく分厚かったのがちょっと不満。自動食器洗い機にはこのほうがいいのかも知れないけれど、ふちが薄くて外に反っているのがおいしいコーヒーが飲めるカップだと勝手に思っているので、レストランならばもうちょっと考えても・・・と。コーヒーの味自体はおいしいと思いました。
ちょっと辛口かもしれませんが、そんなことを思いながら、素敵な外観の建物を後にしました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-12-14 16:47 | その他 | Comments(2)

Commented by neko_pen at 2006-12-14 22:58
こんばんは。お久しぶりです。
またこちらにお邪魔できて嬉しいです。
大根のポタージュは意外でした。こういう意外性は大事だなあ、
と思っているところです。作ってみたいなあ・・・
Commented by kurashiki-keiko at 2006-12-15 11:07
neko_pen様コメントありがとうございます。意外な素材のスープで、作れば自分でも出来るかも・・・というところがいいですね。

<< 中山忍さんの記事が山陽新聞1面に 夜の訪問者 >>