「はっぴょうかい」


d0031853_16103710.jpg
孫の通う小さな保育園のはっぴょうかいがあるというので、朝から出かけてきました。年長の「きく」組、年中の「すみれ」組、そして年少の「さくら」組、それぞれに元気いっぱい、いろんな発表をしてくれました。

d0031853_1613825.jpg劇あそび「どうぞのいす」。これは、ウサギさんが作って置いて行った木の椅子に休んだことに感謝した動物が、感謝の印に次々に物を置いていくというお話。

d0031853_16143845.jpg紙皿で作ったお面、孫はきつねさんの役。クマさんが置いていったはちみつをおいしい、おいしいとなめてから、持ってきたパンを置いて行きました。なめかたがなかなか上手。

d0031853_16165422.jpg年長のきく、すみれ組は、「英語であそぼう」という出し物で、いろんな色の動物が次々に「私は○○、あなたは?」と聞いていく、紙芝居を見ながらの発表。外国人の男性が指導してくださっているようで、マイクを持たされた彼は”Oh、mike,my name is Mike.”と冗談を言っていました。
園児の発音、なかなかよかったです。

d0031853_16235752.jpg合奏では端っこでトライアングルの役目。お歌「かわいいかくれんぼ」。ちょっと気が散り気味。3月生まれのハンディかな?

d0031853_16311463.jpgきく組さんによる「食べるのだいすき」という発表。4つの栄養成分のなかまの絵をそれぞれに貼り付けていき、みんな好き嫌いなく食べて元気な子になろうね、というお話。こういう食育の話、いいですね。
みんなで作った畑の作物で、よかったことの発表では、「クッキー作り」「スイートポテトがおいしかった」「紫いもの茶巾しぼりがおもしろかった」「たこ焼きでキャベツを刻んだこと」「レストランごっこがおもしろかった」など、園でのいろんな取り組みの一端が聞けてみなさん「へぇ~」と感心していました。それに、観客にその畑のお世話をしているおじいちゃん(たぶん60代前半か)がいて紹介され、皆さんの拍手を浴びて照れていらっしゃったのもほほえましかったです。

d0031853_1625859.jpg「サンタが街にやってくる」の踊り。
 年長組は5つもの出番、年少でも3つの出番、みんなよく発表できて、1時間半くらいの間、小さな腰掛で少々お尻が痛かったものの、楽しく見せてもらいました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-12-16 16:27 | | Comments(8)

Commented by miyakeoriibu at 2006-12-16 17:59
子供はやはり集団生活の中で育つのですね。みんな立派な役者さんですね。ねずみ色のジャンパースカートをはいておられるのがお孫さんですね。ご成長が楽しみなことでしょう。
Commented by nobunobu_ok at 2006-12-16 20:33
今一番可愛らしい時ですね。初めての?お孫さんで、若いおばちゃんだから、いろんな記録も作ってあげられて、大きくなられてから感謝されることと思います。
Commented by yassy127 at 2006-12-17 05:55
かわいい役者さんの演技に感動されたことでしょう。
昔の体験を思い出して懐かしんでいます。
保育園の先生もよく考えられた演目で子供たち一人ひとりにスポットライトを当ててくださいますね。
それに応えて精一杯がんばる幼子もかわいいものですね。
Commented by tomochi112 at 2006-12-17 22:12
可愛いですねえ。
きつねさんの役をとっても上手にしている様子がうかがえます。
それにしてもkeikoさん、写真にうまく納められていますね。
みなさんに喜ばれるでしょう。
私も孫から℡があって発表会があるのですが、暮れも押しせまって何かと忙しいので行けるかどうか?
Commented by kurashiki-keiko at 2006-12-18 00:16
miyakeoriibu様、本当に、発表している子供たちの間でも、お互いに助け合って注意し合っている様子が見られて良かったです。うちの孫は上がって声は大きかったものの、とても早口でした。
Commented by kurashiki-keiko at 2006-12-18 00:17
nobunobu_ok様、向こうでもこちらでも初孫なので私に限らず親類じゅうに注目されており、みんなで記録しているようなものです。
Commented by kurashiki-keiko at 2006-12-18 00:19
YASSY様、この出し物、確かにみんな同列で発表できるように工夫されたものでした。昔は主役と端役の差が大きかったようで、私などは「金太郎に切り倒される木」の役だったんですよぉ。(ーー;)
Commented by kurashiki-keiko at 2006-12-18 00:20
tomochi様、いえいえ、カメラを持っているのは年寄り?、若いお母さん、お父さんはデジタルビデオを回しておりました。

<< 玉島を歩く (その1 「ALW... 中山忍さんの記事が山陽新聞1面に >>