自転車で・・・

晴れた23日(土)、天皇誕生日、お出かけというのではなく、忙しい中を自転車で用足しに出かけて見つけた風景です。

d0031853_14413212.jpg倉敷らしい町並みの本町。左手にはちょうちんやさん、もっと向こうには畳屋さん、昔はこのとおりの右手に桶屋さんもあったり、左手前に駄菓子屋さんもあったりしたのですが・・・
「旗日」という言葉も死語になりつつある昨今、気がつくとこの通りには国旗が掲げられています。わー、懐かしい。私の小学生の時代には、家々にこぞって大きな国旗を掲げていた祝日の様子を思い出しました。

d0031853_1444915.jpg倉敷カトリック教会の前庭に、クリスマスらしい、セイヨウヒイラギ、またの名を「クリスマス・ホーリー」(だと思う)にこんなにもびっしりと赤い実が付いていました。向こうには教会の建物、マリア像が。
気がつけばなんと、明日はクリスマスイブではあーりませんか。
罰当たりの「隠れきりしたん」?のわたし、ちょっとだけ聖堂にお邪魔、と思って入ってみると、主婦の信者たちによりクリスマスを控えてのお掃除やら花を飾る最中で、祭壇前にはマリアとヨゼフの像が飾られていたものの、真ん中の飼い葉おけの中には、わらだけあって、赤ん坊のキリスト像はまだ入っていませんでした。
 ばたばたしている中にゆったりお祈りというのも場違いで、早々に退去してきました。
今年はイブが日曜だったんだ・・・
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-12-23 14:50 | おでかけ | Comments(6)

Commented by nobunobu_ok at 2006-12-23 23:07
旗日」 本当にそうですね。旗日であることすら忘れていて、何か淋しいです。でも、本町には沢山旗が見えますが・・・・・。
Commented by yassy127 at 2006-12-24 19:39
keikoさんにはなつかしいところなのですね。
今年屏風祭りの時、屏風を飾ってあるおうちで、そこにいらした方が、小学校の時の同級生に似ていると夫がいいだしました。
それで声をかけてみましたら、夫の同級生の妹さんとわかりました。
夫にとってもここは小さい時からなじんだところです。
Commented by miyakeoriibu at 2006-12-24 20:02
この赤い実のなる木は葉の形からしてkeikoさんのおっしゃる通り「クリスマス・ホーリー」ですね。私も昨年小さい木を買って植木鉢に植えています。赤い実がついています。
Commented by kurashiki-keiko at 2006-12-24 22:47
nobunobu_ok様、本町は地域柄、旗を出すように協定をしているのかもしれませんね。昔の旗日の風景を思い出させてもらいました。
Commented by kurashiki-keiko at 2006-12-24 22:48
yassy様、ちょっと誤解されたようです。懐かしいのは場所でなくて、旗のほうでした。ここは私の夫のほうの地元なのです。
Commented by kurashiki-keiko at 2006-12-24 22:50
miyakeoriibu様、うちにも生協で買ったものが鉢に植わっているのですが、当たりが悪かったのか、3,4個実が付くもののすぐ小鳥にやられるのか、まだこんなにびっしりと付いたことがないので、ここのをみて余りにも大きな木で実がびっしりなのでびっくりしました。

<< クリスマス・イブの話 忘年会?会食 >>