今日の食生活

昨日の日曜日は、超が付く低気圧が来ると言うので、最初から家にこもるつもりで用意していて、
朝:七草粥と漬物
昼:うどんで何か
夜:水炊きd0031853_22383843.gif
の予定でした。
七草粥は下に書いたとおりの大失敗。
昼は、うどんを使った鍋にしようか、かけうどんにしようか、焼うどんにしようかと、息子たちに相談したら「焼うどん!!」というので作ったら、ちょっと油を使いすぎ、「油っぽいね」と不評。
夜は、鶏のぶつ切りとめずらしくオコゼ、それにタコ入りつみれがたんぱく質だったら、「豚肉はないのぉ?豚がないと。鶏肉はなくても豚がいいよぉ」との不評。野菜一杯取れていいかと、またなるべく獣脂が少ないほうが夫のため、とつい思ってしまって。息子たちが引き上げた後黙々と野菜を食べる私。

そして今日。
朝:昨夜の鍋の残りで雑炊。息子たち、おきてこず。
昼:散らし寿司
夜:手巻き寿司。
朝起こしに行ったら要らないと。
昼、もらい物の鮭フレークの瓶詰めが目に入り、「よし、これを使って散らし寿司を作ろう」と思い立ち、お米を研いでいると娘が来るとの電話で急遽ご飯を増やす。
具の野菜はかんぴょうが半袋、人参、たけのこ水煮が。ごぼうは使い果たしており無し。ご飯が炊き上がり、ちりめんじゃこを入れたあわせ酢、野菜と鮭フレークを入れて混ぜる。
卵も2個しか残ってなかったので、娘に2個持ってきて、言っておく。錦糸卵を焼き終えたところにちょうど娘が到着し、持ってきた2個を追加。
卵の上に飾るのは、自家製!キヌサヤ、お正月の残りの酢バス、しいたけの煮たの。
それにお豆腐とえのきの吸い物。
本格的な岡山のばら寿司だと作るのに3時間は覚悟しないといけませんが、手抜きのあり合わせ散らし寿司でしたが、やっと「おいしいね」と言ってもらえてホッとしました。

買い物に出たら夫が「手巻きにしよう」(えー、昼が散らし寿司だったのに?)と思ったけれど、まあいいかとお刺身盛り合わせをベースに手巻きの用意。
具は、お刺身(甘エビ、中トロ、鮭、イカ、タコ、貝柱、マグロ、あと何だったかな?)、息子がなぜか好きなカニかまぼこ、卵焼き、きゅうり、かいわれ、大葉。
すると長男がお昼のお寿司のことを忘れたように「おっ、手巻き!ひさしぶりじゃなあ」とうれしそう。息子たちはマヨネーズが必須。快調にみんなの手が伸びる、食が進む!
しかし・・・庭の菜園でとれた、伸びすぎてまるで芭蕉の葉のようになっていた小松菜と油揚げの炒め煮は人気がなかったけれど。もうちょっとだしを効かせたらよかったか、それとも、やっぱり筋っぽかったか?息子どもは最初から食べないと決めてかかっていたらしい。
ともあれ、若者にも好評だった今日の昼と夜、少しは面目を施しました。やれやれ。

それにしても、子供たちが順番に遊学していって、いずれは夫婦2人の食卓になると思っていた頃は、もう一生この子達と楽しく食卓を囲む時代は来ないかもしれない、と、センチメンタルになっていたのに、なんと、嫁に行った娘までたびたび来るし、息子2人が家から出勤する時代が来るとは思わなかった。
おさんどんがいつまで続くのか、体力的には大丈夫ですが・・・ウイークデーはなかなかそろいませんが、休日ににぎやかな食卓になると、家族ってあったかでいいなあと思うきょうこのごろです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-01-08 22:39 | 外食 | Comments(2)

Commented by yassy127 at 2007-01-08 23:05
お袋の味に団欒の味、楽しい会話の味で盛り上がっておられるkeikoさんのおうちの食卓風景が想像できます。
Commented by yotsu23 at 2007-01-09 21:33
コメントありがとうございます。あはぁはぁ~それにしても杵地悪いほど
朝:七草粥と漬物 昼:うどんで何か 夜:水炊きほぼ同じものでしたね。
低気圧の関係で関東も久しぶりの大荒れでしたから体が温まるものが
いいですよね。

<< 朝のサイクリング?! 大失敗―七草粥 (T_T) >>