いわしのトマト煮込み・・・血液サラサラレシピから


d0031853_1531380.jpg節分のいわしですが、今年はなぜかへそ曲がり?に、変わった料理にしてみたくて、「ためしてガッテン」のレシピから、トマト缶も手元にあったのでトマト煮込みの洋風にしてみました。
頭を切り落とし、開いて水気を取り、塩コショウをしぃて薄力粉をまぶし、オリーブ油大さじ2を敷いたフライパンで焼きます。(うちはフライパンが24cmと小さいので、すき焼き鍋を使いました。お弁当の分も2度に分けて焼くだけここで焼きました。)

d0031853_1552511.jpgこんな風に焼き色が着いたら取り出しておきます。

d0031853_1562020.jpgフライパンにオリーブ油大さじ2を入れてにんにくみじん切りを炒め、香りが出たら玉ねぎみじん切り2分の1個(4人分として)を加えてさっといためる。
白ワイン(お酒でも)、トマト水煮缶2個、スープのもと1個、ワインビネガーまたは米酢大さじ2、ローリエ、水1カップを加えてひと混ぜ。

d0031853_15121823.jpgいわしを加え、沸騰したら弱火で10分ほど煮る。

d0031853_15132096.jpgこの日の献立は、十穀米、ジュリアンスープ、ほうれん草ソテーと、いわしのトマト煮込みでした。
(ほうれん草があったので使いましたが、サラダのほうがよかったかな?と反省。)

焼いておいたお弁当用のものは、あとでみりんとお醤油のたれで蒲焼風にしましたが・・・食べた息子、ぼそっと「いつものいわしの蒲焼丼がよかったなァ」・・・・
私も、まずくはなかったものの、手間隙や材料費をかけなくてもシンプルに蒲焼とか塩焼きでおいしいなと思いました。とさ。チャンチャン。^_^;
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-02-06 15:14 | 外食 | Comments(1)

Commented by miduki0902 at 2007-02-07 11:31
鰯のトマト煮込みは、美味しそうです。
最後の落ち、私も夫君に言われます(笑)。

<< ロウバイをほめられて 庭木の剪定、ふたたび >>