琉球村


d0031853_17312484.jpg恩納村の琉球村へ到着した5時、受付で聞くと「アトラクションは終わっていますが5時半に出れば入場はできます」とのこと。

d0031853_1728398.jpgd0031853_17304556.jpg
園内は屋島の「四国村」みたいに古民家を移築した村で、違うのはそこにモデルの人が生活の様子や沖縄の歌や踊りを見せてくれるところでした。おばあさんが縁側でおてだまを作っていて、「沢山あったのに、みんな売切れてしまいました」。

d0031853_17291457.jpgd0031853_17293032.jpg

d0031853_17295979.jpg砂糖きびを水牛がまわり石臼で引いたり。水牛はつながれ石臼の掃除をしていました。四国村でもそんな円筒形の小屋があったので興味深くみましたが、こちらのほうが半径が大きいようでした。牛の引いた砂糖きびの汁から作った黒砂糖も売っていました。これこそ製造直売。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-02-20 07:00 | Comments(2)

Commented by tumugihime at 2007-02-23 20:22
いいなぁ~シーサーのいる独特の屋根。
家族でよく節約旅行しましたよ。民宿に泊まりダイビング三昧でした。

砂糖きびをしぼる道具は、まさに先週見ましたよ。四国村で。
Commented by kurashiki-keiko at 2007-02-25 04:46
tumugihime様、ダイビングもなさったのですか。すごい。こちらはドライブとご当地のものを食べるだけでした。
四国村へ最近行かれたのですね。あそこも民家が移築されていて興味深いところですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 恩名村のリゾートホテルにて 万座毛(まんざもう) >>