首里城


d0031853_22344083.jpg2月20日(火)いよいよ旅も最終日となりました。朝9時に恩納村のホテルを出発、首里城を目指します。行程は38km、石川インターチェンジから那覇インターまで高速道路、600円。
琉球王朝の都、首里城の駐車場は朝からハイペ-スで入っていると入口の係員が言っていました。おなじみの「守礼門」です。作られた年代は日本の戦国時代らしいです。

d0031853_22435655.jpgいくつかの石の門や石組の立派なこと、さすが、一つの王朝だと思いました。琉球王国のグスク群とその関連諸遺跡は世界遺産になっているそうです。

d0031853_22425380.jpg復元された正殿です。この赤と白の縞模様の敷石は、儀式のときなどに家臣群が敷物を敷いて座る位置を示しているようです。
 建物は木造3階建て、1階は「下庫理(しちゃぐい)」と呼ばれ国王自ら政治や儀式を行なった場、2回は国王と親族・女官が儀式を行なう場、3階は通風のための屋根裏だったそうです。
  それにしても撮影禁止のはずの室内、王宮の儀式の模型にフラッシュをたく人が多数いたのにはがっかりしました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-02-20 15:44 | Comments(5)

Commented by miduki0902 at 2007-02-22 00:18
ドキドキしながら読みました。
何時の間に~~~~~~。
旅に出るときのブログ記事には私まで旅に行く気分になりました。

後のレポートも楽しみにしていますね。
Commented by nobunobu_ok at 2007-02-24 00:07
私が行った始め2回は「首里城跡」の小さな立て看板があっただけで「世界3大ガッカリ!」の一つに入っていたのです。復元されてからも行ったのですが、想像以上に立派に復元され、かつての王朝の勢力の大きさを感じさせられます。不思議にそこにずーとあった様な想いにさせられました。
Commented by kurashiki-keiko at 2007-02-25 04:41
miduki様、ご期待に添えましたかどうか。
Commented by kurashiki-keiko at 2007-02-25 04:42
nobunobu_ok様、復元された建物も立派で、今は裏の庭園が復元工事の最中でしたので、また行ったらその庭園が見られることと思います。
Commented by myobento at 2007-02-27 09:13
首里城、私も行きました。そばに「玉うどん」という遺跡があり、ふしぎな名前に惹かれて見に行きましたが、大きな石で出来た相当に大きな遺跡でした。沖縄は石の文化なんですね。やはり台風があるからでしょうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ひめゆりの塔ほか 恩名村のリゾートホテルにて >>