デパートで孫の子守

だいぶ久しぶりに孫と娘がやって来ました。
お昼を一緒に食べた後、夫が、娘に服を買ってやるというのでデパートへ。
しかし、娘は洋服を見定めるのに時間がかかるし、孫の子守は当然こっちに。
屋上へ行ってみました。広々とした見晴らしの良い屋上ですが、昔はここにゲームセンターやらたこ焼き屋さんなどがあり、わが子たちは姑に時々連れて行ってもらっていたのに、今は何にもありません。しばらく鬼ごっこなどしましたが、こっちの体力がもたない。
 で、その下に下りたところ、なんと子供服とおもちゃのコーナー。

d0031853_11224852.jpgまずはボタンを押すとしゅっしゅっぽっぽと音がでて電車が動くというおもちゃに取り付き、「これ欲しい、買って」。今までこんなところへ連れ出したことが無かったので、割合聞き分けのよい子だと思っていましたが、早速のおねだり。「えっ」という感じでしたが、5,000円くらいのおもちゃ、誕生日が近いから、とちょっと心が揺れましたが、まあまあ、とこちらのコーナーへ。
 ぶなの木で出来たレールの上を可愛い汽車が走ります。箱と箱は磁力でくっついてなかなかよく出来ています。しばらく夢中でこちらで遊ばせてもらっていると、店員さんが近づいてきて、セットの箱を示して、「こちら、今ならお買い得ですよ」
孫はまたしても「買って」
ココで買っては、と、「おもちゃがおうちに一杯あるようだから、お母さんに聞いてからね。」
向こうのご両親やら、近くにいるお母さんのご両親やらが始終何かしら買い与えていると聞くと、こちらはおいそれとそのおもちゃを増やす方向には行かないようにしないと。

婦人服売り場に戻ってみると、娘はまだどれを買うか決めかねていて、孫が
「お母さん、おもちゃ買って」とねだっています。
私が訳を話すと、やっぱり沢山のものがあるのでダメとの事。

d0031853_11363122.jpgその後、階段室の上のほうに、クッションのベンチで囲んだお子様コーナーを発見し、そこで過ごさせてなんとか。
しかし、そこには何と、小学生向きのような本はあっても、2,3歳向きの絵本がなくて、孫に読んでやることは出来ず、ベンチから飛び降りたり、布でくるんだ積み木で遊んだりしました。
なんとか娘の買い物も終わり、ホッとしました。
昔みたいな屋上遊園地は無理としても、このコーナーにはとても助けられ、もう少し小さい小向の絵本がおいてあったらなあと思いました。
娘の買い物を見てくれていた店員さんに言うと、「言っておきます」とのことでした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-03-22 11:36 | | Comments(3)

Commented by macky_work at 2007-03-22 11:52
デパートのおもちゃコーナーは、楽しいものがいっぱいで開放的で、
お子さんにとってはパラダイス!!ですよね~。
お孫さんに優しすぎて、「欲しい」といわれたらすぐに買ってあげてしまう
祖父母さんが多いみたいですけれど、kurashiki-keikoさんは
ママを無視することなく、ちゃんと意見を聞いて対応されるのですね。
お子さんをしつける身のママとしては、そうしてくれるととてもありがたい
のだそうです。よくそういうお話、周囲からうかがいますよ^^
Commented by kurashiki-keiko at 2007-03-22 14:46
macky_work様、お褒めいただき光栄です。"^_^"
子供のしつけの責任者は親ですものね。
Commented by 匿名 at 2007-03-24 15:36 x
ステキな絵本


点字つき、触る絵本(絵も色もきれい)、百円です。百円だけど、侮らないでくださいね。ビッダーズのランキングの、「キッズ ベビー」部門で、ベスト10にはいっています。

http://www.bidders.co.jp/pitem/79044376

<< ウオーキングに出かけます 家族新聞「あじさい通信」119... >>